プロテサン

プロテサンは、ニチニチ製薬が研究を重ね、選び出したフェカリスFK-23をある条件で加熱処理し、優れた働きを最大限に引き出した乳酸菌です。

フェカリスFK-23は、11件の特許を取得、現代医学の限界を超え、オリゴ糖、難消化性デキストリンも配合し、食物アレルゲンフリーの原材料のみを使用した ヘルシーな食品です。

プロテサンは、現代医学の限界を超えた乳酸菌「FKー23菌」が主成分

疫力を高めるということは、健康な身体を取り戻す「若返り」の効果もあるというこど、あらゆる乳酸菌の中で「FK-23菌」は免疫法性作用がズバ抜けて高いのです。

「FK-23菌」を摂取するようになったところ、白髪が減り、黒髪が生えてきた、また抜け毛がおさまったということもあるようで”す。

「お酒がおいしくなったという話もよく聞きます。

肝機能を向上させる効果があり、C 型肝炎治療剤としての特許も取得している「FK-23菌」ならば、これも決して不自然な話ではないのです。

免疫力を高めれば、ガンの轟発や転移の可能性を低くすることもできまで。病気を克服するために、体調そのものを改善してくれます。

そんな効果が麟持できるのが「FK-23菌」が21世紀のサプリメントと呼ばれる理由があります。

生菌を原料とした通常の乳酸菌のサプリメントに比べて、殺菌済みの「FK-23菌」は、腸内に送
り込むことができる菌の数が圧倒的に多いのて、他の乳酸菌に比べ腸管免疫を高める効果は3倍、体内で変化することもないため。安心して食べられるのです。

「主治医にしがられない」「病院での治療の内容にかかわらず食べれる」のですから,現在すでに病気と闘っている人にとつて、心強い味方といえるのではないでしょうか。

プロテサンは、医師の治療をさまたげない理想のサプリメント

「FK-23菌」の最大の特長は、免疫機 能を高める働きが非常にすぐれていることです。

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものでずから、さまざまな病気に効果があっても不思議ではぁりま

たとえば抗ガン剤治療をする場合、「FK-23菌」のサプリメシトを食べていれば、その効果を上げてくれる一方、副作用は減らすことができます。

「主治医の治療を妨げない」ことも強調じたいボイントです。

サプリメントにも、いろいろな種類がめり、なかには身体に会わない場合もあります。

たとえば昨今「ガンに効く」と言われている健康食品のなかには、食べすぎると肝臓を悪くするものもあります。

そのようなサプリメントを食べている人は、抗ガン剤もつかえなくなります。

免疫力が下がり病気は、逆に言えば、免疫・力を高めれば、病気を克服できるということです。

その「エンテロコッカス・フェカリスFK―23」菌を培養し、後に特殊高熱処理して、死菌体にしたものが濃縮乳酸菌「プロテサン」です。

プロテサンの特長は

薬ではありません。訓験により創作用の無い安全性を確認済の食品です。

プロテサンは、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富なフェカリス乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、主治医にしかられなく病院の治療の内容にかかわらず食べれ、病気と闘っている方の強い味方になっくれます。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。その免疫細胞は、7割くらいは休息状態です。プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞か目覚して活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。

プロテサンは、ヨーグルトなどの菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、その濃縮乳酸菌は、傷ついた血管を修復し、脳梗塞や心筋梗塞を予防するなど、世界でも類のない乳酸菌で、動脈硬化の予防・改善し、血圧の正常化にはたらいてくれます。

乳酸菌の有効成分は、菌表面の細胞壁と核酸部分にあるため、その有効成分の量が多いほど効果は高まり、乳酸菌の「数」が多ければ多いほど、免疫効果が高まるということです。

同じ容量で比較した場合、サイズの小さな乳酸菌の方がより多くとり入れることができるため、乳酸菌をたくさん摂取するには、菌体サイズの小さな乳酸菌が適しています。

サイズが小さく、球菌のカタチをした乳酸菌「FK-23フェカリス」が注目され、免疫力を高める効果が期待されています。

サイズが小さいことにより、小腸のすき間から大量にとり込まれて、腸内にある多くの免疫細胞を刺激します。

それによって活性化した免疫細胞が全身に移動し、ウイルスや細菌の侵入を防ぎ、侵入してきた敵と闘ってくれるのです。

健康維持するためには、1日に1兆個の乳酸菌を摂り込みましょう。

C型肝炎

C型肝炎の治療にはインターフエロンが主に使われています。インターフェロン療法はウィルスの増殖を抑えるだけでなく、ウィルスを排除します。
最長で6ケ月間の使用が認められていますが、長期の使用は、経済的負担と副作用 (脱毛,呼吸困難,甲状腺機能異常など)が問題になります。
健康な人は十 分にインターフエロンを作り出す事が出来ますが、肝炎の人は作り出す量が不足しウウイルスの増殖を防ぐ事が出来ません。
乳酸菌FK-23 は、インターフエロンを作り出す力を強めます。

感染症

子供や老人は、免疫力が弱いため病原菌やウィルスに感染しやすくなっています。また、糖尿病や抗ガン剤を使用している人も免疫力が低下しているため、普通であれば感染する事のない菌にち感染します。
乳酸菌FK-23は、弱った免疫力を高めて感染症を予防します。

ガン

ガンの治療法は様々ですが、どれち重い副作用があります。乳酸菌戸K-23は弱った免疫力を高める事で、ガンを予防したり、できた腫瘍を小さくします。

現在使用されている抗ガン剖はガン細胞を破壊する力ち強力ですが、正常な細胞まで破壊してしまう
ので身体に様タな障害が現れます。

乳酸菌FK-23は、ガン細胞を攻撃する刀を高めると同時に、抗ガン剤に見られる副作用を軽減します。

動脈硬化

動脈硬化は心臓病や脳卒中の原因です。人は誰でち年齢と共に皿管がつまっていきます。乳酸菌F
K-23菌は、中性脂肪の低下、HDLと善玉コレステロールの増加などで皿管をきれいにし、かつ、皿圧をコントロールして生活習慣病を防ぎます。

整腸作用

便秘は有害物質が腸内に滞るため大腸ガンのりスウを高めます。最近では、食物繊維よりも乳酸菌に大腸ガンを防ぐ効果があることがわかりました。
乳酸菌FK-23菌は、善玉菌を増やし悪玉菌を減らします。また、善玉菌が作り出す酸により、腸のぜん動運動を促進させ排便を促します。


お支払いは

お届け時に現金でのお支払いの他、〒代引き、クレジットカードやデビットカードでの決済となっています。

カード支払いの場合は、お店でのショッピングと同じように、カード決済端末機から出力される売上票に購入者さまの自筆サインをいただきます。

カードでのお支払いについて

カード決済端末機

セールスドライバー®がお届けしたその場でカード決済端末機による決済を行い、決済の操作終了後ただちにデータを消去しますので、情報漏洩の心配はありません。

カード決済端末機は携帯電波網を使用しておりますので、山岳部やビルの中など場所によっては電波が届きにくく、カード決済ができない場合がございます。その際には現金でのお支払いに変更していただく場合がございます。
ご利用可能なクレジットカード

お支払には一括払いのほか、2回払い、リボ払い、分割払い、ボーナス一括払いが選択できます。

分割払いの支払回数は3・5・6・10・12・15・18・20・24回です。

荷受人さまとカード会社のご契約により、一括払いのみのお取り扱いとなる場合があります。
ボーナス一括払いのお取り扱い期間は、【夏期】1/1~6/15、【冬期】8/1~11/15になります。
下記の場合は、クレジットカードでのお取り扱いができません。

  • ご利用限度額を超える場合
  • カードが磁気不良の場合

デビットカード

お手持ちの金融機関のキャッシュカードで買い物ができる仕組みです。荷受人さまにカード決済端末機をお渡しして、ご自分で暗証番号を入力していただきます。代金は銀行の口座から即時決済されます。

下記の場合は、デビットカードでのお取り扱いができません。

  • 預金残高が不足している場合
  • ご利用限度額を超える場合
  • ご利用金融機関が日本デビットカード協議会に加盟していない場合
  • カードが磁気不良の場合

ジェイデビット

ご利用可能な金融機関は下記をご参照ください。

 

プロテサンについての記事一覧

プロテサンの商品一覧