コラーゲン

コラーゲンは、20歳をピークに徐々に衰えはじめ、40歳を過ぎると急速に衰え、体の各部に支障が起きてきます。新しいコラーゲンを摂取しますと、古いコラーゲンと入れ替って、身体の各部の機能が目覚め、健康になって行きます。

カラダの中で一番多い成分は、水分(60~70%)で、その次に多いのがタンパク質(15~20)で、その3分のⅠがコラーゲンなのです。

体重50キロの女性ですと、約3キロのコラーゲンを持っていることになります。

コラーゲンは、カラダのあらゆる所に含まれており、細胞と細胞をつなぐとともに、カラダの土台を作っていて、体内のコラーゲンは、加齢と共に減少していきます。

それにともない、シワ、たるみなどの肌の衰えや関節痛、骨密度の低下などの老化現象が起こってしまいます。

コラーゲンは、『低分子』と『高分子』のコラーゲン2種類に分けることができます。

低分子コラーゲンは、人工的にアミノ酸のつながりを切断したものです。吸収は早いですが、肝心のアミノ酸配列が崩れてしまっています。

高分子コラーゲンは、アミノ酸に分解されずそのまま体内へ吸収される可能性が高く、カラダに良い作用を及ぼすと考えられます。

高分子コラーゲンは、体内に侵入したウイルスなどを退治するマクロファージという細胞とも相性がよく、免疫力アップも期待できます。

コラーゲンは、骨・関節・血管・筋・内臓・脳・肌など、体の全部に関わっていますから、100歳まで元気に生きる為には、新しいコラーゲンを摂る事が大切です。

 

ヒトの末端組織の毛細血管は、細胞とは直接に繋がってなく、コラーゲンを通して、細胞に栄養や酸素が届けられ、細胞の老廃物もコラーゲンを通して運び出されます。毛細血管

このコラーゲンの善し悪しが、細胞の善し悪しを左右しますから、コラーゲンを絶えず若々しく保つことが健康の秘訣です。

コラーゲンが肌や髪、関節などの様々な症状を解決する手段になり、体内の老化したコラーゲンが若くなることによって、体全体が若返ります。

高分子コラーゲンの豚皮のコラーゲンは、成分が生理活性作用を持っていて、薬と違って副作用もなく、食品として手軽に摂取できます。

コラーゲンの愛用者から、「関節の痛みがなくなった」「シワやシミが薄くなった」「肌にツヤが出てしっとりしてきた」「薄かった髪が増えてきた」「白髪が減った」「骨密度が上がった」「アトピー性皮膚炎が治った」などの歓びが届いています。

コラーゲンに対する関心が高まってきているのは、喜ばしいことで、毎日の生活にコラーゲンを取り入れて、健康づくりに役立ててください。



コラーゲンについての記事一覧

コラーゲンの商品一覧