コラーゲン

コラーゲンは、20歳をピークに徐々に衰えはじめ、40歳を過ぎると急速に衰え、体の各部に支障が起きてきます。

 


コラーゲンは、こんな願いを叶えます

年齢を感じさせない若若しさを保ちたい・ハツラツな自分に変わりたい・何事にも前向きで活動的な身体がほしい・今から将来に備えた身体づくりに・同年代より若々しくなりたい。

新しいコラーゲンを摂取しますと、古いコラーゲンと入れ替り、身体の各部の機能が目覚め、若さと健康が蘇って来ます。

コラーゲンの減少や老化は、免疫・眼・髪・歯・骨・関節・血管・筋・内臓・脳・肌など、体の全部に関わっています。

カラダの中で一番多い成分は、水分(60~70%)で、その次に多いのがタンパク質(15~20%)で、その3分のⅠがコラーゲンなのです。

体重50キロの女性ですと、約3キロのコラーゲンを持っていることになります。

コラーゲンは、カラダのあらゆる所に含まれており、細胞と細胞をつなぐとともに、カラダの土台を作っていて、体内のコラーゲンは、加齢と共に減少して行きますと、シワ、たるみなどの肌の衰えや関節痛、骨密度の低下などの老化現象が起こってしまいます。

 


毛細血管は、細胞とは直接に繋がってなく、コラーゲンを通して、細胞に栄養や酸素が届けられ、老廃物もコラーゲンを通して運び出されます。

老化し減ったコラーゲンのままでは、血液の循環が悪くなり、さまざまな支障が起きて来ます。

毛細血管

酸素や腸で作られた栄養分はカラダ中の血管を通して60兆個ある細胞に運ばれて行きます。

この時、毛細血管を通して運ばれてきた栄養分は、直接細胞に届くのでなく細胞物質であるコラーゲンを通して運ばれます。

コラーゲンは栄養の「通り道」になります。

コラーゲンが古くなると、細胞に栄養がスムーズに届かなくなり、細胞から出た老廃物もスムーズに排泄できなくなり,カラダの「流れ」がわるくなり、動脈硬化や「ゴースト血管」が起きて来ます。

このコラーゲンの善し悪しが、細胞の善し悪しを左右しますから、コラーゲンを絶えず若々しく保つことが健康の秘訣です。

コラーゲンが肌や髪、関節などの様々な症状を解決する手段になり、体内の老化したコラーゲンが若くなることによって、体全体が若返ります。


高分子コラーゲンの成分のこだわり

口から摂り入れられたコラーゲンは、体内でいくつかのアミノ酸に分解され、それらを必要なコラーゲンの型(コラーゲンは身体の部位によって少しずつ型が違います)に再合成する時には、ビタミンCが不可欠です。

ビタミンCは水溶性ですから、体内に長く留めておくことができません。

そこでまた、サチヴァミン複合体が活躍します。サチヴァミン複合体は水溶性ビタミンを体内に長く留めておく働きがあるので、コラーゲンを再合成するためのビタミンCを通常よりも長い間使うことができるようになります。

コラーゲンとビタミンCとサチヴァミン複合体を一緒に摂れば、それぞれの成分が強力に助け合って、相乗効果を生み出してくれるのです。

せっかく摂ったコラーゲンは、できるだけ無駄のないように有効活用したいものです。

配合されている成分には、すべて理由があるのです。

エス・ワン・エスは以下の副材料を組み合わせ効率よく、コラーゲンを摂取できるよう考え作られています。


サチヴァミン複合体

サチヴァミン複合体はニンニクに含まれる栄養成分の総称で、それ自体に臭さは全くありません。

ニンニクの臭さはその中に含まれる分解酵素が空気に触れることによって、発生するのです。

小牧博士が開発したブドウ糖を使った特殊な製法で、この分解酵素を働かなくすることによって、臭さのないニンニクの栄養成分だけが抽出できます。

サチヴァミン複合体の生理作用を一言で言い表すとしたら、「細胞を若返らせる」、つまり、ゲル化(老化して水分の少なくなった状態)した細胞のコロイドをゾル化(水分を多く含む、みずみずしい状態)させることにあります。

サチヴァミン複合体には、S=S結合という化学構造があり、これが体内で細胞のゲル化を防ぐだけでなく、ゾル状態に回復させる働き(還元作用)をするのです。

ビタミンC

ビタミンCの主な働きは、血管を丈夫にすることや、血小板や赤血球を増やすこと、血液を造るのに大切なミネラルである鉄分の吸収を良くすることなどが挙げられます。

ビタミンCの主な働きは、増血作用があり血液凝固機能も促進するほか、メラニンの生成を制御して、シミやソバカスなどの色素の異常沈着を防ぎます。

ビタミンCの主な働きは、感染症や壊血病を防いだり、アレルギー物質の働きを抑えたりもします。

カルシウム

カルシウムは骨に対するコラーゲンの効果を補助する目的で配合されています。

骨粗鬆症は、コラーゲンが老化して骨にカルシウムをつなぎ止められない のが主な原因ですから、コラーゲンと一緒にカルシウムが摂取できれば、補助的な役割を果たすと考えられています。

オリゴ糖

オリゴ糖には腸内のビフィズス菌を増やす働きがあり、食物繊維の効果と相まって腸での栄養吸収を円滑にします。そこで、コラーゲンとビタミンCとサチヴァミンが効率的に働くのです。

ビタミンB1

ビタミンB1は糖質の代謝に重要な役割を果たすだけでなく、別名「精神的ビタミン」と言われるように、神経組織にも働きかけます。自立神経を正常に保ち、便秘や胃腸障害になりにくくする のです。
各臓器が正常に働けば、せっかく摂った良い成分が無駄になることも少ないでしょう。

食物繊維

繊維が腸壁を刺激して、胃腸の運動や消化液の分泌を活発にします。腸内細菌が食物繊維を栄養にして繁殖し、ビタミンB群などを合成する。小腸での消化時間を長くして、糖分が急に吸収されて生ずる血糖値の急上昇を和らげる。

大腸での食物の通過時間を短くして、腸内細菌の作用で排便をスムーズにする。

胆汁酸の吸収を抑え、血中コレステロールの量を下げる。

有害物質、毒性金属を吸着して、発ガンのリスクを減らす。

コラーゲンは、老化を抑制し、健康を維持する為に必須の食品です。



コラーゲン

コラーゲンについての記事一覧

コラーゲンの商品一覧