KYOTO 健康村 | 健康食品販売

末期がんになっても諦めないで 

2018/12/27 記事

終末期がん患者4割が苦痛 緩和ケアに課題

終末期を迎えたがん患者の約4割が、死亡前の1カ月間に痛みや吐き気、呼吸困難などの苦痛を抱えていることが、国立がん研究センターの発表した初の調査で分かりました。

今年2~3月、がん、心疾患、脳血管疾患、肺炎、腎不全で死亡した患者遺族4812人を対象に「医療や療養生活の質」に関するアンケートを実施。2295人から有効回答を得られたそうです。

死亡前1カ月間の患者の状況について「身体の苦痛が少なく過ごせたか」を尋ねたところ、42%が「過ごせなかった」などと回答されています。

癌になりますと、抗がん剤治療が主になり、抗がん剤やクスリの副作用によって、治癒力や免疫力の回復ができなく、長い闘病生活になります。

癌になっても、最初の頃は痩せることはありません。

ある程度、癌が大きくなったころから痩せてきます。

癌が発生するための癌体質(悪液質)と癌の塊が、痩せることに大きく関係しています。

低体温、低酸素、酸性体質、等が揃っていると癌体質といえます。

癌体質になると、癌の塊と、細胞のいたるところに癌になろうとする細胞が無数に発生してきます。

癌はブドウ糖が大好きで通常細胞の20倍のブドウ糖を必要としているといわれています。

癌体質になり、癌の塊と癌になろうとする癌細胞が無数に出来てくると、ブドウ糖が不足してきます。

それを補うため筋肉や脂肪からエネルギーを取り出すため、全身が痩せてくるのです。 

末期がんと宣告されても諦めないでください

抗がん剤の使い方を誤れば、免疫力が下がったり、がん が耐性を持ち狂暴になったりして、再発・転移の可能性が高くなります。

医者任せでは、癌は克服できません。

人は皆、病気から体を守る 免疫力を持っていますから、この、免疫力を駆使すれば、体を傷付けず、毒を入れることなく体を守る力を十分に発揮できる体へと導いてくれます

あきらめない気持ち、決してあきらめないで下さい。

希望を持つ、これこそが生き抜く活力の源です

絶望から希望へ ・・・ 思い立った今が、次の人生への始まりです。

血液の流れと免疫力とは、互いに助け合い体を治して行きます。

血液の流れが滞ると、酸素が足りなくなり、又体温も下がります。

がん は血液の滞った所で育ちます

正常な細胞は酸素と体温が必要です

血液の滞った所では、免疫力は十分に発揮できません

全身にむらなく血液が流れると免疫力が行き渡り、体を外敵や がん から身を守ります。

末期癌から生還した人は、いくつかの共通点があります。

抗癌剤治療の途中で、すべての抗ガン治療を断って居られます。

癌治療で苦しんでいる時に、必死になって勉強して情報を得られています。

抗癌治療が体の免疫をどんどん低下させている事に気付かれています。

抗癌治療を決別をそれた人が多い。

食生活、軽い運動、笑いのある生活、良質な睡眠、など生活の基本が大切であることを気付かれています。

人間の生活の中で何が大切かを勉強、薬よりも、抗癌治療よりも、根本的な生活の改善が大切であるという事に気付かれています。

生命力が残っている時期に、抗癌治療を断る、普通の人ではこの決断が出来ませんが、決意できた方が生還されています。

サプリメントなど1つや2つで、癌に立ち向かうのでなく、身体に良いと思われることを総合的に取り入れ、実行してください。

癌が治せないのは、

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品