KYOTO 健康村 | 健康食品販売

骨密度を高める高分子コラーゲン

2020/01/30 記事

骨粗鬆症はとても身近な病気で、50歳以上の女性の3人に1人が骨粗鬆症にかかっています。

骨の強度が低下して、骨折するリスクが大きくなる病気を骨粗鬆症といい、骨の中がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。

骨はカルシュウムが大切ですが、コラーゲンもとても大切なもので、骨を鉄筋コンクリトのビルに例えますと、カルシュウムはコンクリト・コラーゲンは鉄筋になり、カルシュウムは骨の硬さ、コラーゲンは骨の柔軟性を保っています。

古くなったビルをコンクリト補強しても強くならないのと同じで、骨の補強には、コラーゲンが必要なのです。

厚生労働省の調査によると、女性が要介護となる原因の第5位は「骨折・転倒」によるものとされています。

この「骨折・転倒」は、ちょっとしたことで転倒し、それがもとで骨折してしまうことで、背景には骨粗鬆症が影響していると考えられます。

いったん骨折してしまうと、とくに太ももの付け根の場合、動けない状態が長期間にわたって続き、それが寝たきりの原因になると推測されます。

背中が曲がったり、身長が縮んだりするのは、年のせい?

いいえ、年をとったから背中が曲がったり、身長が縮んだりするとは限りません。

骨粗鬆症になると、背骨(椎体)の骨折が起こりやすくなります。

椎体骨折のほとんどは、もろくなった椎体が上下に押しつぶされたように骨折する椎体圧迫骨折で、これが起こると背骨が曲がったり、身長が低くなったりするのです。

骨折すると、急性または慢性的な痛みが起こりますが、なかには痛みを自覚しない人もいます。

ある調査では、3分の2の人に痛みなどの症状が出ないと報告されています。

腰や背中の鋭い痛みや鈍い痛みはもちろん、「小さくなった?」と言われたり、「背中が曲がってる?」「身長が縮んだ?」と思ったら、椎体骨折かもしれません。

椎体骨折は、いつのまにか自分の体重が負担になってつぶれることもあれば、日常生活のちょっとした動作で起こることもあります。

骨粗鬆症になると、椎体以外でも骨折が起こりやすくなります。とくに太ももの付け根は、椎体骨折がある人ではより骨折のリスクが高くなるので、気をつけましょう!

骨折が起きると

1.容姿が変わる(背骨の骨折が起こることで、背中が曲がる)
2.骨折が起きる事で、寝たっきりになる
3.医療費がかさむ
4.自分の思うような生活ができなくなる
5.介護で家族に迷惑をかける
6.死亡のリスクが高くなる

コラーゲンが肌や髪、関節などの様々な症状を解決する手段になり、体内の老化したコラーゲンが若くなることによって、体全体が若返ります。

コラーゲンは、20歳をピークに徐々に衰えはじめ、40歳を過ぎると急速に衰え、体の各部に支障が起きてきます。

新しいコラーゲンを摂取しますと、古いコラーゲンと入れ替って、身体の各部の機能が目覚め、健康になって行きます。


コラーゲンの愛用者から、「関節の痛みがなくなった」「シワやシミが薄くなった」「肌にツヤが出てしっとりしてきた」「薄かった髪が増えてきた」「白髪が減った」「骨密度が上がった」「アトピー性皮膚炎が治った」などの歓びが届いています。

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品