KYOTO 健康村 | 健康食品販売

運動不足から発症する病気

2018/08/18 記事

運動不足が原因となる疾患は、糖尿病、肥満症、高脂血症、高血圧症などで、食習慣が理由で発症する疾患としては、糖尿病、肥満症、高脂血症、高血圧症、大腸がん、歯周病などがあります。

これらが進行すると、心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患に発展するリスクが高まります。

喫煙によって発症する疾患には、肺がん、慢性気管支炎、循環器疾患などがあり、過度な飲酒によって発症する疾患には、肝硬変や脂肪肝などの肝疾患が代表的です。

動脈硬化は血管にコレステロールや脂肪などがたまって硬くなったり、血管壁が厚くなったりするものですが、主な原因として指摘されているのが高血圧や脂質異常症、糖尿病などです。

動脈硬化によって、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)や心筋梗塞などが引き起こされてしまいます。

糖尿病では血糖値が増えていますが、同時に血中のナトリウムが増加するなどの原因で、高血圧につながってしまう可能性があります。

糖尿病患者では中性脂肪が増える傾向があり、肥満につながったり、内臓に余分な脂肪がついたりして脂質異常症になることがあります。

脂質異常症や肥満の人はインスリンの働きが低下してしまうため、血糖値が上昇して糖尿病になってしまうケースがあります。

肥満の人は体内を循環する血液の量が増えて血圧が上昇することで、高血圧症になる危険性を秘めています。

肥満から内臓脂肪が増え、それが肝臓についてしまうと脂質異常症につながることも考えられます。

血管を健康に保つことは、生活習慣病を防ぐ基礎ともいえます。また血圧や血糖値、内臓脂肪などは、どれか一つが急激に悪化すると、近い将来ほかの部分にも悪影響が考えられるのです。

濃縮乳酸菌は、腸内フローラを整え、善玉菌を増やし、さまざまな病気を遠退けます

腸内フローラは複雑な腸内微生物生態系、すなわち「腸内エコシステム」を形成している。腸内エコシステムは健康維持に重要で、バランスが崩れると大腸がんなどの腸そのものの疾患に加えて、1型糖尿病、2型糖尿病、肥満、高血圧、炎症性疾患など、さまざまな疾患に関わっていることが明らかになっています。

腸内環境は、血糖コントロールとも深く関わっている。米国のイリノイ大学の研究では、血糖コントロールがずっと良好、あるいは徐々に改善する人の腸内では、腸内細菌が多くみられ、代謝や免疫といった体の機能に良い影響を与える善玉菌が多いことが解明されています。

KYOTO健康村TOP

ワイデンフーズ

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品