KYOTO 健康村 | 健康食品販売

靭帯・腱のケガの予防や改善にコラーゲン

2020/06/26 記事

バネの若返り

靭帯は骨と骨とをつなぎ、腱は骨と筋肉をつなぐ役割をし、靭帯も腱はほとんどがコラーゲンから出来ています。

靭帯も腱は、人体のバネのようなものです。

靭帯も腱も年齢を重ねることで老化し、運動などで傷めることかあります。

それにより日常生活に支障が出てしまいます。

ケガの予防や改善のためには靭帯や腱をしなやかに保つことが大切で、その役割を果たすのがコラーゲンです。

スムーズな動き

筋肉を包んでいる膜「筋膜」もコラーゲンから出来ています。

筋肉の1本1本の線維は筋肉膜につつまれ、これらが集まって筋肉の束をつくり、筋周膜につつまれています。

さらに筋肉の束が数多く集まって筋肉膜につつまれ、筋肉を形づくりします。

無理な姿勢や長時間同じ姿勢、ケガにより筋肉の悪くなると、筋膜によじれが生じてスムーズな動きが失われます。

筋膜は筋肉の力を腱に伝えて、スムーズな動きと弾力を保持しています。

ろうかにより筋肉が衰えてくると、筋膜の弾力もうしなわれます。

肌肉リリース

筋膜のよじれを治し、筋肉ガスムーズに動くようにすることを筋肉リリースといいます。

なかなか改善しな痛みなどには筋膜に働きかけるストレッチをすることも有効です。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品