KYOTO 健康村 | 健康食品販売

コロナワクチン効果をしっかり出すには・・

2021/09/29 記事

ワクチン接種にあたり大事なことは、効果をしっかり出すために普段から免疫を整え、高めておくことです。

高齢者はインフルエンザに罹ると重症化しやすいため毎年ワクチンの接種を勧められているが、それでもワクチンによる予防効果は一般成人と比較して低いといわれている。

これは免疫反応が減弱しているため、ワクチンを接種しても十分な免疫が得られないことが原因と考えられています。

体力、視力、聴力が年齢とともに衰えるように、免疫も老化します。

免疫力の低下は、ストレス、睡眠不足、肥満などさまざまな要因によって起こるが、大きな原因は加齢です。

年齢が高くなるにつれて、免疫機能の働きが弱まり、ウイルスや細菌などの感染に対応しにくくなっていきます。

新型コロナウイルス感染症の死亡率からもわかるように、60代から急激に免疫力は低下していきます。

免疫のピークは20歳で、40歳になればその半分になるというデータもあるため、免疫老化の予防は早めに取り組むことが大切です。

運動不足、ストレス、バランスの悪い食事は免疫の大敵!

偏った食生活はもちろん、運動不足や気付かぬうちに溜まるストレスや疲労も免疫を低下させる要因となります。

今はリモートワークを取り入れている人も多く、つい運動不足になってしまいがちだが、適度な運動を習慣づけることは免疫力アップを目指すうえで大切です。

適度な運動をすると血流が良くなり、免疫細胞が作られる骨髄への血液量が増えて免疫細胞の生成能力がアップします。

さらに筋肉をつけることで、運動をしていない状態でも、常にエネルギーを代謝して熱を作ってくれます。

筋肉の減少を防ぐためには、ウォーキングより少し負荷のかかる運動を週2~3回続けることがポイントです。

ストレスは睡眠不足になり、生活していくうえで切っても切り離せないストレスも免疫力を低下させます。

「ストレスが過剰になったり慢性的になると、心身に悪影響を与え、不安やイライラ、うつ症状、意欲の低下、さらには頭痛や動機、息切れなどの症状が現れてきます。

ストレスがたまると睡眠不足や不眠にもつながります。

私たちの体には、外から侵入する細菌やウイルスなどの病原菌を撃退し、体を守る防御システムが備わっています。これが「免疫」です。

免疫システムを担っているのは様々な免疫細胞ですが、腸は全身の免疫細胞の約7割が集まる、免疫のカギとなる臓器です。

そのため腸内環境がよい状態に保たれていないと腸の免疫機能が低下し、感染症などの病気にかかりやすくなります。

また、腸内環境の乱れによって免疫機能に異常をきたすと、花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患や、リウマチなどの自己免疫疾患を引き起こしてしまうこともあります。

〝腸内環境がよい〞状態というのは、腸にすむ腸内細菌のバランスがよいことです。

腸内細菌はおよそ100兆個、1000種類以上も存在し、腸壁の粘膜に生息していてお花畑(フローラ)のように見えることから、「腸内フローラ」とも呼ばれています。

腸内細菌は大きく「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3種類に分けられ、その理想的なバランスは、善玉菌2、日和見菌7、悪玉菌1です。

このバランスが崩れて悪玉菌が優勢になってしまうと、免疫機能の低下を招くことになります。

コロナに負けないために、適度な運動は血流を増やし、免疫力アップに繋がります

逆に、過度な運動はNGで、あくまで、自分のの状態、コンディションに合わせ、に負担をかけず、少なくしましょう。長く継続し、毎日行うことも大切です。

私たちの体には、外から侵入する細菌やウイルスなどの病原菌を撃退し、体を守る防御システムが備わっています。これが「免疫」です。

有効な治療法が確立されないまま感染が広がる新型コロナウイルス、しかし感染を完璧に防ぐ手段はまだありません。

もし感染したら…その時、未知の疫病から私たちを守る役割を務めるのがそれぞれが持つ「免疫」です。

免疫を高めておけば、重症化をさけたり、後遺症を減らしたり、治りを早くしてくれます。

FK-23菌は、ウイルス感染防御の特許を取得商品で 免疫を高めてくれます

FK-23菌やLFK乳酸菌は、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

LFK乳菌は、ニチニチ製薬と北海道大学との共同研究によって、ウイルスによる肺の炎症を抑制して、新しい肺胞上皮細胞を増殖させる特許を取得しています。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。

さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。

肺胞細胞が死滅して少なくなっても、LFKが新たな肺胞細胞の増殖を促し、肺の機能を蘇らせるので、ウイルスに感染しても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。

酸菌の持つ抗酸化誘導能すなわち「体の酸化ストレスとたたかう力」も炎症を抑えるのに役立っています。

エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、II型肺胞上皮細胞活性剤・抗アレルギー・II型肺胞上皮細胞活性剤・酒さ(赤ら顔)治療剤・色素沈着抑制剤などの5件の用途特許を取得したサプリです。

花粉症サプリ

チサフエルナの購入は


小売希望価格  9000  円+税

プロテサンR100包

プロテサンのFK-23菌は、ヨーグルトなどの菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、免疫力を高めるだけでなく傷ついた血管を修復したり、肝機能を高めたり、世界でも類のない乳酸菌で、動脈硬化の予防・改善し、血圧の正常化に働くなど、万病を遠のけてくれます。

プロテサンのFK-23菌は、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させるなど医薬品でも難しい働きをしてくれます。

健康を快復する為には、1日に1兆個以上の乳酸菌を補うことが必要です。

プロテサンは、1包で乳酸菌6000億個・1兆個・2兆個・4兆個の4タイプがあり、どのタイプのプロテサンも同じFK-23菌です。

プロテサンr100包 

プロテサンの購入は

プロテサンR100包   23000円+税

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品