KYOTO 健康村 | 健康食品販売

癌を克服するには・・・・

2019/02/05 記事

癌は、細胞バランスの崩れ・腸内環境の悪化・肝臓疲労・ミネラル不足などが関って発病します。

免疫が正常であれば、私たちの体の中では、「治療など一切受けずに、常に癌が治っている」状況にあるのです。

大きな癌があってもいつのまにか自然と消えてしまうこともあります。

全身の栄養や血行を改善して生体の新陳代謝を高め、免疫力を高めて防御システムを回復させれば、治癒力が働いて徐々に癌細胞を減らしていくことも可能なのです。

癌になりますと、抗がん剤治療が主になり、抗がん剤やクスリの副作用によって、治癒力や免疫力の回復が遅くなり、長い闘病生活になります。

癌になると、最初の頃は痩せることはありませんが、ある程度癌が大きくなったころから痩せてきます。

癌の方は 低体温・低酸素体質になっています。

低体温・低酸素体質になると、癌の塊と細胞のいたるところに癌になろうとする細胞が無数に発生してきます。

ブドウ糖が大好きで、通常細胞の20倍のブドウ糖を必要としているといわれています。

癌になろうとする癌細胞が無数に出来ますと、ブドウ糖が不足してきます。

それを補うために、筋肉や脂肪からエネルギーを取り出すため、全身が痩せてくるのです。

健康を取り戻す為には、食生活を見直して、免疫力を高める為に、 腸環境と細胞バランスを整えましょう。

弱っている身体を元気にするために、食生活を和食に変え・乳製食品を断ち、身体に良いと思われるサプリメントを総合的に取り入れて、アルカリ体質に変え・癌細胞の殺し屋NK細胞をを増大をしましょう。

免疫力を生み出す源は、細胞です。

私たちの体は、37兆個の膨大な細胞からできていて、細胞ひとつひとつは、何らかな栄養素を必要としています。

必要とする栄養素が満たされていれば、健康に過ごすことができ、不足しますと、体調不調となります。

癌など多くの病気の人は、細胞の細胞内液と外液のバランスが崩れ、ミネラルが不足していると言われています。

ミネラルは、細胞バランスを整える栄養素で、健康を維持するに欠かせない栄養素です。

ミネラルは、体に備わった抗酸化酵素の働きを高めるのに重要な栄養素です。

不足しますと、免疫力や抗酸化力や再生能力などを充分に行えなくなってしまいます。

免疫力と密接に関連するミネラルに亜鉛があります。

亜鉛は300種類もの酵素の働きに必要で、細胞の成長と分裂に重要なカギをにぎっているため、亜鉛が不足すると免疫細胞の産生と働きがうまくいかなくなります。

細胞を元気にするカルマックス・ワンデンフーズ・ライスシリカ

細胞を活性化すればガンも叩くことがてきる

ワイデンフーズ

癌細胞への攻撃力を高めるケイ素 (ライスシリカ)

 

免疫力を高めるFKー23菌・ぬかアラビノキシラン

肝臓は、栄養素など、さまざまな物質を化学的に作り替える働きをし、何千の酵素を使い、500以上の化学変化を起こし物質を作る化学工場です。

肝臓は、添加物などの化学物質やニコチンなどの体内毒素を分解し、毒のないものに変えて排除したり、健康な血液を作り出してくれますが、加齢と共に疲労が蓄積し、肝機能が低下していますから、肝機能を高める事が大切です。

高濃度で良質の乳酸菌が善玉菌を増やす

腸は、100兆個、300種類もの腸内細菌が棲みつき、「免疫力」や「治癒力」を作り出す工場です。

病気を治すには、食生活を見直して、プロテサンを1日に1兆個以上摂取し、善玉菌を増やしてください。

濃縮乳酸菌は、腸環境を整えるだけでなく、肝機能の働きも高めてくれます。

アメリカの癌治療に使用されている「米ぬかアラビノキシラン」

NK細胞が活性するコラーゲン

コラーゲンは、加齢と共に減少し、細胞の代謝が悪くなって行きます。

新しい高分子コラーゲンを摂取しますと、代謝がよくなり、癌細胞を攻撃するNK細胞が活発になります。

体内に侵入したウイルスや細菌なとを撃退してくれるマクロファージは、コラーゲンととても相性が良く、コラーゲンを与えると100倍近いスピードで、ウイルスや細菌を撃退してくれます。

コラーゲンを摂取して腸の粘膜を丈夫にすれば、腸管免疫がよく働いてくれ、免疫力を高める効果があります。

コラーゲンは「マクロファージ」や「リンパ球」の働きを活性化させるために、免疫機能が高まります。

高分子コラーゲンは、その一部が高分子のまま吸収され、アミノ酸の繋がりが分断されずに温存されていますが、それがコラーゲン合成能力を刺激し、免疫力がアップするのです。

だからコラーゲンは、自然に近い高分子である必要があるのです。

ある実験では、ガン細胞を植え付けたマウスに豚の皮から作った高分子コラーゲンを与えたところ、何もしなければ2週間で全滅していたものが最高で83%も生存したということです。

また、一度ガン細胞をやっつけたマウスは免疫力が高まり、ガン細胞を植え付けても二度とガンにはならなかったということで、癌再発を抑えてくれます。

コラーゲン

生育光線を放つプラチナフォートンが細胞を活性化

体温が1度下がると、免疫を司る白血球の働きが30%以上もダウンします。

病気の方の多くは、低温体質になっていて、血流が悪い状態になっています。

天気の良い日、天気の悪い日、体調の違いを感じられませんか・・・。

この違いは、太陽からの生育光線の量が関わっています。

この生育光線は、人も植物も生きるために必要な光線です。

この生育光線を放射するのが、プラチナフォトンです。

肌着を身に着けるだけで

❒ 血の流れが活発になる

❒ 筋肉疲労を和らげる

❒ 乳酸を減らし、疲労が取れる

❒ 免疫系を活性化する

❒ 運動能力が向上する

体の芯まで届く生育光線

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品