KYOTO 健康村 | 健康食品販売

癌を治すのに・手術・抗がん剤・化学療法も必要ない

2019/10/25 記事

日本の癌医療や抗癌剤は、飛躍的に進歩していますか、癌患者は逆に増え続けています。

昭和の抗がん剤の無い時代よりも、今は、術後の余命が年々短くなっています。

検診によって早期の癌が発見されるようになり、癌もどききまで手術や抗癌剤治療するようになり、その結果、癌の人が増えています。

今、昭和の時代に比べて、手術や抗がん剤治療によって、命が短くなり、亡くなる方が増えているのです。


ドイツに、自然療法に精通したレオナード・コールドウェルと言う医師が居られ、ドイツで最高に癌治癒率に誇れる医者です。

治療をされた患者数は、ドイツで最高、末期患者3万5千人以上です。

癌を3週間で完治させると断言される医者です。

癌を治すのに、化学療法も手術も抗がん剤も必要ないと言われています。

癌を治すには

身体の解毒・身体をアルカリに保つこと

緑色の葉や野菜に含まれているクロロフィル効果で酸素を多く体内に摂りこむこと

人工的でない自然のビタミンCを摂ること

カルシユウムやミネラルを摂取すること

癌を治すには、アルカリ性を保ち、自己治癒力(アルカリPhレベル 7.5以上)に高める

癌の人の血液は、酸素不足で、ドロドロした黒色した血液になっています。

この血液状態を解消するには、腎臓に疾患がない人は、3.7㍑の水に海塩小さじ半分を入れた水を飲むようにします。

人間の機能をうまく動かすためには、身体に電流を流す必要があり、そのために、塩が必要なのです。

癌を克服する為には、癌の好物であるブドウ糖を控えることが大切です。

癌の方の多くは35.5度の低温になっていますから、体温を36.5度まで上げ、腸と細胞バランスを整え、免疫力を高めるることです。

癌が発症したり、再発をしない弱アルカリ体質


癌の人は、細胞の細胞内液と外液のバランスが崩れ、ミネラルが不足しています。

私たちの体は、60兆個の膨大な細胞からできていて、その細胞は、元気エネルギをつくり出す発電所の働きをしています

細胞ひとつひとつに、何らかな栄養素を必要としています。

必要とする栄養素が満たされていれば、健康に過ごすことができますが、不足しますと、体調不調となります。

ミネラルは、細胞バランスを整える栄養素で、健康を維持するに欠かせない栄養素で、ミネラルは、体に備わった抗酸化酵素の働きを高めるのに重要な栄養素です。

ミネラルが不足しますと、免疫力や抗酸化力や再生能力などを充分に行えなくなってしまいます。

免疫力と密接に関連するミネラルに亜鉛があり、亜鉛が不足すると免疫細胞の産生と働きがうまくいかなくなります。

細胞がよろこぶ自家製ドリンク


癌の人は、悪玉菌が増えて、腸内バランスが崩れています

腸は、病気を治す世界最高の設備の整った最高の病院になります。

腸には、100兆個、300種類もの腸内細菌が棲みつき、「免疫力」や「治癒力」を作り出してくれます。

癌を治すには、食生活を見直して、プロテサンを1日に1兆個以上摂取して、善玉菌を増やし、腸内環境を整えましょう。

プロテサンは、腸環境を整えるだけでなく、肝機能の働きも高めてくれます。

プロテサン


高分子コラーゲンは、癌の再発や転移を阻止する

コラーゲンは、加齢と共に減少し、細胞の代謝が悪くなって行きます。

新しい高分子コラーゲンを摂取しすることで、新陳代謝がよくなり、癌細胞を攻撃するNK細胞が活発になります。

エス・ワン・エスコラーゲン

体内に侵入したウイルスや細菌なとを撃退してくれるマクロファージは、コラーゲンととても相性が良く、コラーゲンを与えると100倍近いスピードで、ウイルスや細菌を撃退してくれます。

コラーゲンを摂取して腸の粘膜を丈夫にすれば、腸管免疫がよく働いてくれ、免疫力を高める効果があります。

コラーゲンは「マクロファージ」や「リンパ球」の働きを活性化させるために、機能が高まります。

高分子コラーゲンは、その一部が高分子のまま吸収され、アミノ酸の繋がりが分断されずに温存されていますが、

それがコラーゲン合成能力を刺激し、免疫力がアップするのです。

マウス実験では、ガン細胞を植付けたマウス実験

何もしなかったマウスば、2週間で全滅し、高分子コラーゲンを与えたマウスは83%も生存再度ガン細胞を植付けた処、二度とガンにはならない事がわかりまし。

がんの再発・転移を抑える高分子コラーゲン

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品