KYOTO 健康村 | 健康食品販売

がん細胞の暴走を抑えるフェカリスFK-23菌

2020/05/08 記事

がんは、がん細胞が暴走して分裂が止まらなくなる病気です。

がん細胞を切除しきれない場合や、ほかの組織への転移がある場合に、抗がん剤や放射線による治療が行われ<

抗がん剤も放射線も、がん細胞の増殖を抑制し、縮小させる効果があります。

さまざまなタイプの抗がん剤の新薬が登場しています。

「手術で取り除きましたが、念のために抗がん剤で治療しましょう」と、担当医から提案されのでないでしょうか。がんは、がん細胞が暴走して分裂が止まらなくなる病気です。

抗がん剤にはいろいろなタイプがありますが、細胞分裂を止めてしまう薬です。

細胞分裂が止められると、がん細胞は それ以上増えることができません。

分裂が阻害され、やがて消えていくというのが、このタイプの抗がん剤の仕組みです。

がん細胞は分裂が速いので、抗がん剤はがん細胞が増えるのを止める上では効果があります。

しかし抗がん剤は、がん細胞と正常細胞を区別できません。

そのため実際にはがん細胞だけではなく、体内のすべての細胞の分裂も阻害してしまいます。

ですから、体に大きなダメージを与え、副作用で苦しむことになります。

抗がん剤は、両刃の剣で、治るどころか体力も免疫力も弱ってしまい、病と闘えない体になってしまいます。

がん患者は元気になると思っているのにつらい状態になってしまいます。

抗がん剤の中には、がんの遺伝子を傷つけて、細胞の自死を誘導させ、がん細胞が増えるのを抑えるものがあります。

このタイプの抗がん剤も、正常な細胞を傷つけ、そのため免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなるというデメリットがあります。

抗がん剤に効果がみられないと、さらに強い抗がん剤を使用します。

その結果、何種類もの抗がん剤を体内に入れ、健康な細胞までも壊してしまい、体はますます衰弱していきます。

強い抗がん剤は副作用もひどく、さらに体力を消耗し、精神的にも落ち込みます。

このような状態では、自己免疫力も弱くなり、病気を治すどころではなくなってしまいます。

再度、抗がん剤を使うように勧められて、断る人もいます。それほど痛めつけられてつらく苦しい状態になるということです。

抗がん剤副作用 緩和する濃縮乳酸菌FK-23

抗がん剤の治療前に、医者が勧めるプロテサンは、免疫力を高めて、副作用を軽減し、抗ガン剤の効果を高める乳酸菌食品です。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。

しかし、その免疫細胞の7割くらいは休息中です。

FK-23乳酸菌を摂取しいますと、FK-23乳酸菌が休眠中の免疫細胞を刺激し餌となり、それによって、免疫細胞が活性化して、免疫力が強くなります。

FK-23は、ガン細胞を攻撃する力を高めると同時に、抗ガン剤に見られる副作用を軽減緩和して、痛みの緩和、食欲や睡眠の改善、体重の維持、意欲の増進等の効果があることが明らかになっています。

プロテサンの主成分の濃縮乳酸菌FK-23は、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べて頂けます。

抗がん剤治療前に、濃縮乳酸菌FK-23を摂取しますと、善玉菌が増え、腸環境が整って、免疫力が高くなり、抗がん剤の副作用を緩和、整腸作用、細菌やウイルスの感染予防、ウイルス性肝炎、抗腫瘍・癌による毒性軽減作用や抗がん剤などの白血球の減少抑制に期待できます。

健康を快復する為には、1日に1兆個以上の乳酸菌を補うことが必要です。

排便しますと約1兆個知要内菌が排泄されますので、健康を取り戻すには、それ以上に補う必要があります

ヨーグルトで1兆個を摂ろうとすれば、約100㍑食べる必要があり、毎日食べ続けていれば、糖分過多になったり、高カロリー高タンパクの摂り過ぎになり、新たな病気が発症してしまいますが、プロテサンS1包で4兆個接種できます。

ヨーグルトなどの生菌は、約72時間で便と一緒に排泄されてしまいますが、プロテサンの場合は、人に棲んでいる菌ですから、常在菌の層に長期に定着して、善玉菌を増やすことができます。

乳酸菌を補って、細胞膜を鍛えてマクロファージを強くすれば、癌だけでなく細菌やウイルスも跳ね返してくれます。

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品