KYOTO 健康村 | 健康食品販売

抗癌剤副作用対策

2019/09/30 記事

抗癌剤によって起きる副作用

正常な細胞でも、分裂速度の速い血液細胞や口腔粘膜、胃腸粘膜、毛根の細胞などは、抗がん剤の作用の影響を受けやすく、感染しやすくなったり、

貧血・出血・吐き気・口内炎・下痢・味覚の変化・脱毛・皮膚の障害・爪の変化などの症状が副作用として現れます。

心臓、腎臓、膀胱、肺や神経組織の細胞が影響を受けることや、生殖機能に影響がおよぶこともあります。

これらの副作用のうち、最も頻繁に現れる副作用は、

吐き気、脱毛、白血球減少の3つですが、副作用の起こりやすさは抗がん剤の種類によっても違いますし、また個人差もかなりあります。

副作用には自覚症状の無いものもあります。

抗がん剤治療を行っている間は、尿や血液などの定期検査を実施して、目に見えない副作用の早期発見に努めてください。

抗がん剤治療、放射線治療の副作用で食欲不振、悪心嘔吐、下痢などの消化器症状が現れると、食事が思うようにできず十分に栄養をとることがむずかしくなることもあります。

がんが再発・転移した場合、その治療が引き金になって低栄養を招くリスクがあります。

抗がん剤治療で、骨髄の造血機能がダメージを受け、赤血球・ 白血球・血小板が減少し、身体に影響が現われます。

抗がん剤治療による白血球減少

白血球が減少すると細菌感染しやすい状態となり、感染 の症状 ( 高熱・寒気・咽頭痛・歯肉痛・腹痛など)が現れます。

感染すると症状が重症化することがありますので、感染予 防に気をつける必要があります。

感染を予防する為に、

食事や調理の前に手洗い・うがいを行いましょう。

白血球が減少し始めたら、加熱された食事を食べるようにしましょう。

生魚 ( 貝類も含む )・生肉・生卵の摂取は控えましょう。

生で食べる野菜や果物は、よく洗いましょう。

調理した食事は 2時間を目安に食べるようにしましょう。

ペットボトルなど直接口を付ける飲み物は、飲み切れるサイズを選ぶようにしましょう。

賞味期限に注意しましょう。

抗がん剤治療による赤血球減少

めまいや全身倦怠感などの症状が現れます。

蛋白質を多く含む食品(肉・魚・卵・大豆製品)をとるようにしましょう。

鉄分(レバー・かつお・牡蠣・ひじき・ほうれん草・納豆)をとりましょう。

タンニン(コーヒー・緑茶・紅茶)は、鉄の吸収を阻害するため避けましょう。

抗がん剤治療による血小板減少

血小板が減少すると出血が起きやすく、血がとまりにくくなります。

柔らかい歯ブラシを使用し、歯ぐきを傷つけないようにしましょう。

排便時に力を入れる事により、出血し易くなるため食物繊維や水分をとりましょう。

口の中も出血しやすいため、煎餅やフランスパンなどの固いものは避けましょう。

抗がん剤治療による骨髄抑制

抗がん剤により正常な骨髄における幹細胞の分裂・分化が阻害されることで正常な白血球、好中球、赤血球、血小板が減少します。

好中球減少時は抵抗力が落ち細菌に感染しやすくなるため、感染予防がとても重要です。

食事の前、排泄の前後、外出後、植物やペットに触れた後など手洗いを行うようにしましょう。

手洗い後、手を拭くタオルやハンカチは清潔なものを使うようにしましょう。

また、食事後には歯磨きをするようにし、外出後はうがいをしましょう。

外出時はマスクを着用しましょう。

抗がん剤の副作用を緩和するプロテサン

プロテサンを医者が薦めるのは

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品