KYOTO 健康村 | 健康食品販売

肝臓機能を高める濃縮乳酸菌

2020/08/13 記事

肝臓は、栄養素など、さまざまな物質を化学的に作り替える働きをし、何千の酵素を使い、500以上の化学変化を起こし物質を作る化学工場のような働きをしています。

肝臓のはたらき

  • 胆汁をつくる  胆汁は、脂肪を消化するために必要な液体
  • 栄養素を貯え、変化させたりする
  • ブドウ糖をグリコーゲンに変えて貯え、必要な時にエネルギーとして体内に送り出します
  • 骨髄で必要な赤血球をつくるために葉酸やビタミンB12を貯えておき、必要な時に送り出す。
  • アミノ酸から、血液に必要なアルブミンとフィブリノゲンを作り、血液中に送り出します。
  • 毒を中和します
  • 体内の毒素を分解し、毒のないものに変えます。
  • アルコールやたばこノニコチンを中和し排除します。
  • NK細胞ガウイルスに感染した細胞や老化した細胞を処理する
  • 免疫をコントロールするT細胞が免疫細胞の指令役の働きをします。
  • 肝臓は余った脂肪分や精分を中性脂肪やコレステロールに変えて不足した時のために貯威しておくことができます。

体内には絶えず有害物質が発生し、呼吸をすれば一緒に細菌やウイルスも口から入り、食べ物からは、有害物が、体内で消費された組織や細胞も放っておけば有害物 となり、これらを防御するのは免疫機能であり、胃酸であり、体内に住み着く 善玉の細菌で、最後の砦と言えるのが肝臓なのです。

肝臓は最後の砦として有害物を分解・解毒する過酷な作業を絶えず黙々とこなしていますが、この作業の負担を大きくするのが 「腸内環 境の乱れ」です。

腸内環境が乱れていると食べ物の健全な消化・吸収が行ねれず、本来排出されるべき有害物質が体内に吸収されてしまうことがあります。

腸内環境が乱れているとウェルシユ菌などの悪玉菌が発生し、 インドールや硫イロ水素といった有害物質を産出します。

さらに、腸内環境が乱れると便秘になりやすくなります。便秘は腐敗物が溜まった状態ですが、これが長時間続くと腐散物からアンモニア やアミノなど大量の有害物質が発生するようになります。

このように腸内環境の乱れは、多くの有害物質を発生させ、肝臓の負担を非常に大きくするのです。また腸内環境の乱れは長期化しやすいの で、肝臓の負担を長引かせ肝機能が弱くなる原因となります。

濃縮乳酸菌は、ご存知の通り、腸内環境の乱れを改善する効果があります。特に悪玉菌を排除するのに有効ですので、直接肝臓の負担を軽減する のに役立ちます。

便秘を予防・改善することから有害物質の発生を抑制することも肝臓の負担を減らします。

このように有害物質の発生を抑制し、肝臓の負担を軽減することが、濃縮乳酸菌に肝機能の改善や肝臓病予防効果があるという最大の理由となっています。

現代の食生活では、脂肪分や糖分は不足するどころか過剰に摂 取しすぎる状態で、そうなると肝臓に中性指肱やコレステロールがどんどん溜まり、それが肝機能を弱め脂肪肝になります。

濃縮乳酸菌には、コレステロールを低下させる効能があり、それ が肝機能を改善し、また指肱肝のリスクを低減できる可能性があります。

プロテサンを摂取しますと、腸管免疫力が高まり、体の冷えを改善したり、癌細胞を縮小したり、動脈硬化を起こした血管や傷ついた血管を修復したりします。

FK-23菌

他にも、ドロドロな血液が、サラサラした血液になり、さまざまな病気が遠のいて行きます。

プロテサンは、11件の特許取得した乳酸菌食品で、各機能の回復に手助けしてくれます。

 

 

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品