KYOTO 健康村 | 健康食品販売

疲れが取れる腎臓マッサージ

2018/11/22 記事

最近、こんな症状現れていませんか

だるくて、やる気がおきてこない

疲れがなかなかとれない

足がむくんでいる

手足が冷える

腎臓が疲れると、血液はドロドロになり、疲れる原因は、腎臓の疲れかも知れません。

腎臓のツボをマッサージをするだけて、腎臓が元気になり、身体も元気になります。

毎日1分間、お腹から腰にかけてグリグリするだけで、体がポカポカと温まって、続けていますと疲れが取れるだけでなく、目の下のクマ、手や足、顔のむくみが解消され、体かすっきりしてきます。

腎臓の疲れが取れ、正常に働いてくれれば、老廃物の混じった血液をろ過し、いるものといらないものを分け、いらないねのだけを尿にして、外へ出してくれます。

血液がサラサラになり血流がよくなりますから、活動に必要な酸素や栄養が全身にいきわたるようになって、免疫力もアップして、疲労も取れます。

健康を維持するには、体の機能を動かすミネラルなどの栄養が必要です。

モリンガには、人にとって大切な栄養素が50種類以上、豊富に含まれていて、とくにビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれているのが特徴で、地球上で知られる約10万種もの可食植物の中で、最も高い栄養価を含んでいるといわれています。

モリンガは、たんぱく質を主成分(30%)に、食物繊維(26%)と、たぐいまれな程の多くの栄養素をバランスよく含むのが特徴です。

確認されている種類は、約50種以上の栄養価と、300種の薬効。46種類の抗酸化物質、36種類の抗炎症物質、19種類のアミノ酸、オメガ不飽和脂肪酸が含有されます。

とくにビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれているのが魅力で、近年、エイジングケア効果が注目されている、ポリフェノールは、なんと赤ワインの8倍、他にも、アミノ酸は米酢の97倍、鉄分はプルーンの82倍、ビタミンEは卵の96倍、カルシウムは牛乳の16倍、食物繊維はレタスの28倍、葉酸はホウレン草の46倍などなど、すごいデータがあります。

奇跡呼ぶモリンガ

 

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品