KYOTO 健康村 | 健康食品販売

癌に効く野菜スープ

2021/07/18 記事

近年がん発症の仕組みが次第に明らかにされ、予防法の研究が進み、「がんの予防には野菜スープが一番です」と強調しておられます。

がんをはじめ、ほとんどの病気や老化には「活性酸素」が密接に関わっており、細胞や遺伝子を攻撃します。

しかし、私たちは生きている限り活性酸素の攻撃から逃れられません。

その活性酸素を抑える方法として手軽にできるのが「野菜を食べる」ことだと主張しています。

野菜の抗酸化物質を用いて、様々な実験を行なった結果、「野菜を煮てスープとして飲むことで、最強の抗酸化パワーが発揮される」ことがわかりました。

猛毒の活性酸素も野菜スープを加えると一瞬で消去されてしまうのです。

がんのような怖い病気を「野菜スープを食べたくらいで、予防できるのだろうか」と考える方もいるかもしれません。

しかし、前田博士は「国内外の多くの調査や研究、そして自分の研究からいっても、野菜スープを食べるとがん予防に確実につながると言って差し支えない」と断言されています。

そして、活性酸素を消去する最善の方法として、野菜スープを、自信を持ってお勧めします。

そして皆さんの健康を守るためにも野菜スープが役立つことを願っています」と仰っています。

<がんの予防には野菜スープを食べるのが1番と断言できる>

前田博士は長年の副作用のない抗がん剤の研究から「がんの予防の食事には野菜が1番」という結論に達したそうです。

それは「植物は炎天下で紫外線を浴び、活性酸素の猛攻を受けていますが、なぜがんにならないのだろう?」という疑問から植物に大量に含まれるフィトケミカルにがん予防効果があることに思い至ります。

野菜の効用についての研究は国内外で進み、様々な疫学調査からも「野菜はがん予防に有効である」との結果が数多く出ています。

ただし、野菜の効果を最大限に得るにはその摂取方法が重要です。

前田博士が行なった研究では「がん予防には野菜スープがベストである」という結果が出ています。

<サラダより野菜スープの方が抗酸化力が10倍~100倍も強い>

一般に「生野菜の方が健康にはいい」というイメージが強く野菜はサラダで食べるという人が多いと思います。

しかし、実際には野菜を生のまま食べても、ファイトケミカルはわずかしか吸収することができません。

ファイトケミカルは野菜の細胞の中にあり、セルロースという頑丈な細胞壁に包まれており、人間の体内ではセルロースを消化する酵素はなく、噛んだり、刻んだりした程度では細胞壁は壊れず、細胞の中のファイトケミカルを吸収できないのです。

実際に生野菜を食べた便を観察すると野菜の細胞は未消化のままそっくり便に排出されてしまいます。

ところが野菜を茹でると丈夫な野菜の細胞膜はあっけなく壊れ、ファイトケミカルがスープに溶け出してきます。

前田博士の実験では野菜の活性酸素を消去する働きは、生野菜をする潰したものより、野菜を煮出した茹で汁の方が 10~100倍も強いことが明らかにされています。

そして野菜スープにはファイトケミカルだけでなく、ビタミン・ミネラル類などの有効成分も丸ごと溶け出しています。

野菜をスープで取ることで、サラダとは比較にならない虚力な抗酸化パワーが得られるのです。

ビタミンCは熱に弱いと思われていますが、実際には野菜に含まれる抗酸化物質の働きで安定化し、壊れにくくなっています。

他にも野菜を加熱する効果は有害成分の除去や殺菌成分などの効果もあります。

また野菜に含まれる食物繊維は腸内環境を改善し、発がん物質を解毒したり、免疫力を高めることも証明されています。

さらに生のトマトよりトマトペーストやピューレ・ケチャップの方ががん予防に良いという結果も出ています。

<野菜スープは抗がん剤や放射線の副作用も軽減する!>

抗がん剤や放射線療法の副作用は活性酸素が原因で、正常な細胞にダメージを与え嘔吐・食欲不振・脱毛・痛みなど様々な副作用が出ます。

放射線照射は精度が向上し、ピンポイントにがんを狙えるようになっても、放射線照射による活性酸素の害は全身の臓器に影響を及ぼします。

そもそもがんになった原因は、免疫能が低下したことによるものです。

そこへさらに抗がん剤や放射線によって活性酸素が大暴れすると、体はさらに弱ってしまいます。

そこで野菜スープです。野菜スープはこれらの治療で発生した活性酸素を消去し、副作用を抑える様々な副作用を抑えることができるのです。

<野菜スープはがん治療後の体力回復や再発防止にも!>

がんの治療後に何を食べればいいのか――退院後多くの患者さんやご家族が抱く疑問です。

前田博士は、野菜をスープにすると胃腸に負担をかけずに、スムーズに栄養を吸収することができる。

退院後の体力回復や再発防止策として「野菜スープ」を取ることを勧めています。

<余命宣告された人が野菜スープで延命した例がある>

がん治療後終えた70代の女性は、治療に成功したものの、治療後体調がすぐれず困っていましたが、野菜スープを飲み始めたところ、徐々に体力を回復し今ではすっかり元気になったとご家族が話してくれました。

大腸がんの60代の男性は、抗がん剤を使っても余命は1年と医師に宣告されました。

そこでこの男性は抗がん剤に加え、ホウレン草など緑黄色野菜を中心にした野菜スープを取るようにしました。

男性はがんと共存しながら、旅や趣味を楽しみ、普段通りの日々を10年間送って亡くなりました。

最期まで生活の質を保ち、穏やかに暮らすことができたのです。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品