KYOTO 健康村 | 健康食品販売

乳がんが芽を出す体の冷え

2022/09/13 記事

乳がんとは、乳房の乳腺組織にできるがんをいい、日本人女性がかかるがんのなかで最も多いものが乳がんです。

乳がんは20歳代から徐々に増え始め、40歳代後半から50歳代にピークを迎えますが、30歳代に急激に増加するのが特徴です。

乳がんの自覚症状としては、がんが5mm~1cmくらいの大きさになると、しこりとして触れることがあります。

しこり以外の症状としては、乳頭からの異常分泌、乳頭や乳輪のただれなどがあります。

子宮がんには、子宮の奥である子宮体部にできる「子宮体がん」と、子宮の入り口である頸部にできる「子宮頸がん」があります。

子宮体がんは40歳代以降、閉経前後に多く見られますが、最近は30歳代での発症も増えていて、出産経験がないことや閉経年齢が遅いことなどが影響していると考えられています。

一方、子宮頸がんは、20~30歳代に急増しています。

子宮体がんも子宮頸がんも、初期にはほとんど自覚症状がありません。

進行してくると不正出血やおりものの異常、下腹部痛などがみられるようになります。

乳がん・子宮体がんのリスクを高める女性ホルモン

乳がんや子宮体がんの発生には、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が深く関わっています。

初潮の時期が早い人や閉経時期の遅い人、出産経験のない人などは、エストロゲンの影響を長期間受けているため、乳がんや子宮体がんの発症リクスが高くなります。

子宮頸がんのおもな原因は、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というウイルスです。

HPVは性交渉によって感染するため、性体験のある女性の約80%が感染するといわれていますが、すべての人ががんになるわけではありません。

感染しても多くの場合、本人の免疫機能が働いて排除されます。

ところが、がんを発症させるリスクの高いHPVが排除されず、長期にわたって感染することがあり、このような場合に、数年を経て子宮頸がんを発症するとされています。

生活習慣にも危険因子が潜んでいる

女性特有のがんには、それぞれ特有の危険因子がありますが、生活習慣にも危険因子があることは、ほかのがんと変わりありません。

喫煙はもちろん、動物性脂肪のとりすぎや野菜・果物不足、多量の飲酒、運動不足などは、女性のがんにおいても危険因子となります。なかでもアルコールや動物性脂肪は、乳がんの発症リスクを高めることがわかっています。

がんの危険因子は生活習慣の改善で減らすことができます。

女性のがんの危険因子のなかには、女性ホルモンの影響など避けようのないものもありますが、生活習慣に潜む危険因子は生活習慣の改善で減らすことができます。

なかでも重要なのは、「禁煙」で、喫煙習慣のある人は、直ちに禁煙を実行しましょう。

食生活では、動物性脂肪を控え、野菜や果物を積極的にとるようにして、バランスのよい食事を心がけましょう。

お酒は適量を守り、乳がんの危険因子を持っている人はできるだけ控えるようにしましょう。

また、閉経後の肥満は乳がんや子宮体がんの危険因子にもなるので、日常生活での活動量を増やすとともに、適度な運動を習慣として行い、肥満の予防・改善につとめましょう。

がん細胞は酸性環境が好きで、生活習慣や毎日食べるものによって、体はアルカリ性よりにも、酸性よりにもなります。

酸性よりになった体ががんを始め、現代病を引き起こす要因であるといわれています。

がん細胞は酸性環境が好きで、生活習慣や毎日食べるものによって、体はアルカリ性よりにも、酸性よりにもなります。

酸性よりになった体ががんを始め、現代病を引き起こす要因であるといわれています。

がんが低体温を好む理由は、「低酸素応答遺伝子」との関連です。

低酸素応答遺伝子は、細胞に十分な酸素がない低酸素状態のときに発動する遺伝子です。

冷えや低体温によって血流が悪くなり、細胞に酸素が行き届かない状態が続くと、低酸素応答遺伝子が発動するようになります。

人間の細胞では常にがん細胞の芽が発生し、免疫機能によって排除されることがくり返されています。

しかし、低酸素応答遺伝子が発動することによって、がん細胞が増殖しやすい環境が整ってしまうのです。

低体温の状態では、がんを排除するはずの免疫機能も弱まってしまいます。

例えば、免疫に深くかかわるリンパ球は、リンパ節や脾臓で待機し、危機を察知すると活動しはじめ、がん細胞やウイルスなどの外敵を排除します。

ところが、低体温の状態で血流が悪化すると、リンパ球の働きが弱まってしまうのです。

低体温の状態になると、代謝や排泄、免疫、抗酸化といった機能が低下してしまいます。

その結果、血圧や赤血球、白血球の数などの数値も異常値を示すようになり、がんをはじめとする病気のリスクが高まるのです。

病気のリスクを回避するためには、低体温の状態を改善することが重要なのです。

運動は有酸素運動がおすすめです。ラジオ体操やウォーキングなど、適度な運動を習慣化するといいでしょう。食事については、肉類や魚類、卵、砂糖、穀類などの酸性の食品は控え、体内の㏗値を高める野菜や果物、海藻、キノコ、大豆などのアルカリ性の食品をとることが理想的です。

人間が正常な生命活動を維持するうえで、深部体温を37℃前後に保つことが大切です。しかし、一般家庭では直腸温の測定はできませんので、腋窩温や舌下温、非接触性の体温計で定期的に鼓膜温を測り、自分の基礎体温を把握しておくようにしましょう。

冷えや低体温は、手足の末端から始まり、最後には体の奥の深部体温が冷えるようになります。朝・昼・晩など、生活の場面を変えて定期的に体温を測定することがおすすめです。特に、入浴の前後は体温の変化がわかりやすく、血流が改善しているかどうかの目安になります。

また、体の熱を運ぶのは血流で、血流の調整をつかさどるのが自律神経です。自律神経には、活動するときに優位に働く交感神経と、休息するときに優位に働く副交感神経があります。現代人は、生活習慣やストレスなどで交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいっていない傾向があります。

温浴や運動は、自律神経のバランスを保つのに効果的です。冷えや低体温を改善し、がんをはじめとする病気に負けない体作りを心がけてください。

基礎体温を上げるには、最も効果的な方法が、温浴と運動です。

運動は有酸素運動がおすすめです。

ラジオ体操やウォーキングなど、適度な運動を習慣化するといいでしょう。

食事については、肉類や魚類、卵、砂糖、穀類などの酸性の食品は控え、体内の㏗値を高める野菜や果物、海藻、キノコ、大豆などのアルカリ性の食品をとることが理想的です。

冷えや低体温は、手足の末端から始まり、最後には体の奥の深部体温が冷えるようになります。

朝・昼・晩など、生活の場面を変えて定期的に体温を測定しますと、入浴の前後は体温の変化がわかりやすく、血流が改善しているかどうかの目安になります。

体の熱を運ぶのは血流で、血流の調整をつかさどるのが自律神経です。

自律神経には、活動するときに優位に働く交感神経と、休息するときに優位に働く副交感神経があります。

現代人は、生活習慣やストレスなどで交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいっていない傾向があります。

温浴や運動は、自律神経のバランスを保つのに効果的です。冷えや低体温を改善し、がんをはじめとする病気に負けない体作りを心がけてください。

プロテサンは、現代医学の限界を超えた乳酸菌「FKー23菌」が主成分

疫力を高めるということは、健康な身体を取り戻す「若返り」の効果もあるというこど、あらゆる乳酸菌の中で「FK-23菌」は免疫法性作用がズバ抜けて高いのです。

「FK-23菌」を摂取するようになったところ、白髪が減り、黒髪が生えてきた、また抜け毛がおさまったということもあるようで”す。

「お酒がおいしくなったという話もよく聞きます。

肝機能を向上させる効果があり、C 型肝炎治療剤としての特許も取得している「FK-23菌」ならば、これも決して不自然な話ではないのです。

免疫力を高めれば、ガンの轟発や転移の可能性を低くすることもできまで。病気を克服するために、体調そのものを改善してくれます。

そんな効果が麟持できるのが「FK-23菌」が21世紀のサプリメントと呼ばれる理由があります。

生菌を原料とした通常の乳酸菌のサプリメントに比べて、殺菌済みの「FK-23菌」は、腸内に送
り込むことができる菌の数が圧倒的に多いのて、他の乳酸菌に比べ腸管免疫を高める効果は3倍、体内で変化することもないため。安心して食べられるのです。

「主治医にしがられない」「病院での治療の内容にかかわらず食べれる」のですから,現在すでに病気と闘っている人にとつて、心強い味方といえるのではないでしょうか。

プロテサンは、医師の治療をさまたげない理想のサプリメント

「FK-23菌」の最大の特長は、免疫機 能を高める働きが非常にすぐれていることです。

免疫治療とは、いわば生体が本来持つ免疫力を上げるものでずから、さまざまな病気に効果があっても不思議ではありません。

たとえば抗ガン剤治療をする場合、「FK-23菌」のサプリメシトを食べていれば、その効果を上げてくれる一方、副作用は減らすことができます。

「主治医の治療を妨げない」ことも強調じたいボイントです。

サプリメントにも、いろいろな種類がめり、なかには身体に会わない場合もあります。

たとえば昨今「ガンに効く」と言われている健康食品のなかには、食べすぎると肝臓を悪くするものもあります。

そのようなサプリメントを食べている人は、抗ガン剤もつかえなくなります。

免疫力が下がり病気は、逆に言えば、免疫・力を高めれば、病気を克服できるということです。

プロテサンは、ヨーグルトなどの菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、その濃縮乳酸菌は、傷ついた血管を修復し、脳梗塞や心筋梗塞を予防するなど、世界でも類のない乳酸菌で、動脈硬化の予防・改善し、血圧の正常化にはたらいてくれます。

乳酸菌の有効成分は、菌表面の細胞壁と核酸部分にあるため、その有効成分の量が多いほど効果は高まり、乳酸菌の「数」が多ければ多いほど、免疫効果が高まるということです。

同じ容量で比較した場合、サイズの小さな乳酸菌の方がより多くとり入れることができるため、乳酸菌をたくさん摂取するには、菌体サイズの小さな乳酸菌が適しています。

サイズが小さく、球菌のカタチをした乳酸菌「FK-23フェカリス」が注目され、免疫力を高める効果が期待されています。

サイズが小さいことにより、小腸のすき間から大量にとり込まれて、腸内にある多くの免疫細胞を刺激します。

それによって活性化した免疫細胞が全身に移動し、ウイルスや細菌の侵入を防ぎ、侵入してきた敵と闘ってくれるのです。

健康維持するためには、1日に1兆個の乳酸菌を摂り込みましょう。

プロテサンr45包

プロテサンg45包
プロテサンB45包
含有乳酸菌数
1包中3千億個
税込価格  4.860円
数量:
プロテサンR45包
含有乳酸菌数
1包中1兆個
税込価格 11.385円
数量:
プロテサンG
乳酸菌含有数
1包中2兆個
税込価格  19.800円
数量:
プロテサンs45包 プロテサンb100包 プロテサンr100包 
プロテサンS45包
乳酸菌含有数
1包中4兆個
税込価格  37.125円
数量:  
プロテサンB100包
乳酸菌含有量
1包中3千億個
税込価格  11.000円
数量:
プロテサンR100包
乳酸菌含有数
1包中1兆個
税込価格 25.300円
数量:
プロテサンg100包 プテサンs100包

花粉症サプリ

プロテサンG100包
乳酸菌含有量
1包中2兆個
税込価格  44.000円
数量:
プロテサンS100包
乳乳酸菌含有量
1包中4兆個
税込価格 82.500円
数量:
チサフェルナ
LFK乳酸菌含有量
1包2兆個
税込価格  9.900円
数量:

お支払い・送料・詳細について

定期購入・まとめ買いの方は、お気軽にご相談ください。

KYOTO健康村T

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品