KYOTO 健康村 | 健康食品販売

癌を治した方が密かにやっている事

2019/12/01 記事

病院で末期がんと診断されて余命宣告されたとしても、決してあきらめることはありません。

がんを克服するには、余命や癌のステージにこだわらないマイナスイメージの心をすべて捨てて、がんと闘う気力を無くさないことです。

がんと闘う勇気を奮い立たせたときに、体の中ではがんの進行が止まり、多少縮小しはじめるなどして肉体が「がんと共存」することは、けっして珍しいことではありません。

「潜在的生命力」に気づき、前向きに取り組んで、がんと共存し克服できた人は結果的に自己免疫力を高めたことになります。

自己免疫力は、体内をパトロールして外敵を発見したり、自分の組織に取り込んでしまう細胞もあれば、抗体という武器を作って攻撃する細胞もあります。

さらに仲間が外敵を認識しやすいように目印をつける細胞もあれば、その目印を頼りに外敵を攻撃する細胞などもあります。

私たちの体はこうして、驚くほど精密な免疫システムによって外敵から身を守っているのです。

克服しようという夢を持ちますと、その夢に向かって闘う勇気が生まれてくるのです。

そうすることによって、寿命が延びることもあるのです。


癌を治す為の情報リンク

FK-23菌

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品