KYOTO 健康村 | 健康食品販売

抗がん力を高めるモリンガ・クエン酸ジウース

2019/10/02 記事

モリンガは、300種もの薬効効果

免疫力を高めてくれ、自然治癒力を上げてくれるソマチッドを一番多く含む植物というのが、モリンガです。

モリンガには、次のような効果があるといわれています。

アンチエイジング・ダイエット・免疫アップ・美肌・便秘解消・不眠を改善する・元気をつける

精神面への作用・抗菌作用・抗がん作用・母乳の分泌をよくする作用

貧血を改善・関節痛、リウマチなど、ここではすべてを紹介しきれないほど多くの薬効、効果があると言われているのです。

頑固な便秘を改善!食物繊維が豊富
野菜や海草類、果物に多く含まれていると言われる食物繊維ですが、モリンガにも食物繊維たくさん含まれていて、その食物繊維の含有量は、100g中、30.6gも含まれています。

食物繊維を多く含む食品として知られているレタスやごぼうと比較しますと、モリンガは、レタスの28倍、ごぼうの5倍の食物繊維が含まれています。

抗酸化作用の高いポリフェノールが豊富!
モリンガには老化現象を引き起こす活性酸素の働きを抑えてくれるポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールを多く含んでいる食べ物や飲み物といえばワインが有名ですが、モリンガには同じ量で換算してその18倍も多くのポリフェノールが含まれています。

腸内環境を改善して、免疫力を大幅アップ!
腸には免疫の7割が集中しており、腸内の環境を整えることが免疫力を大きく上げることになります。

モリンガには、食物繊維がたっぷりと含まれていますので、たまっている便を排泄して腸内環境を整えるのに働いてくれます。

不要な便が排泄されることでデトックス作用がパワーアップしますので、アレルギー改善効果も期待できるようになります。


人の体液は大体PH7.35~7.45の弱アルカリ性に保たれていれは、癌の発生や転移がありません

疲れて免疫力が落ちてくると酸性に傾いてくるので、PH7.5以上のアルカリ性の水を体に常時入れてあげることが大事です。

摂取量の制限より多くの水分を摂取すると、呼吸苦や浮腫の増強を引き起こす可能性があります。

逆に極端に少ないと、尿が作られないために尿毒素が体にたまる危険性があります。

医師の指示内容を厳守することが大切です。

体内に、乳酸がたまると、ミトコンドリアは弱って、その中の「クエン酸サイクル」が停滞、停止します。

ガンの周囲を囲うように、その大量の乳酸がたまり、酸性になると、ミトコンドリアは弱って、その中のクエン酸ワイクルが停滞、停止します。

そうした逆境下でも、がん細胞内でミトコンドリアが正常に働くようにしてあけると、増殖や転移といった性質が抑制されます。

ガンが作ったくさんの乳酸は、クエン酸ヴイクルで分解、氷と炭酸ガスになって消えていきます。

「クエン酸サイクル」は回転にともなって活性酸素を出すので、がん細胞が死んでいく。それが本来の健康な姿です。

ミトコントリアは、自然で順調な細胞の死、すなねち細胞の代謝という、重要な役割をになってます。

ガン細胞の中のミトコンリドア内でクエン酸サイクルが激しく廻りだしますと、他の健常細胞のミトコンドリア同様、活性酸素を蓄積し、その結栗、放っておいても順次死んでいってくれるようになります。

ガンは周辺環境がアルカリ性 (ph7,4)になると、活動が弱り休眠状態にもなります。

酸性方向に傾いた招病体液そのものを、健康な弱アルカリ性に変えることができます 。

クエン酸だけでは、クエン酸ヴイクルは起こりません。

ピタミンBをはじめとするB群やビタミンCの他、亜鉛・マクネシウム・セレン・鉄・マンガン・クロムなどのミネラル、さらにジンシステインといったアミノ酸などなどが必要です。

抗がん力を高めるモリンガ・クエン酸ジウースの作り方

癌が嫌うモリンガ・クエン酸水の作り方
<材料>

・クエン酸2.5g

・浄水250cc

・蜂蜜

・モリンガ小さじ1杯

<作り方>

.コップに浄水250ccとクエン酸2.5g、蜂蜜を入れ、よくかき混ぜる。

クエン酸水に、カルマックスを数滴入れますと、細胞を元気にするミネラルの補給か出来ます。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品