KYOTO 健康村 | 健康食品販売

インフルエンザに強い味方になるフェカリス菌

2019/03/01 記事

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で起こります。

インフルエンザウイルスは、A型、B型、C型の3種類が知られていますが、人の間で流行するのは主にA型とB型です。

A型は、特に遺伝子変異が起こりやすく、人に抗体ができても、少しずつ変異して、新たな感染源となって毎年流行を繰り返します。

また、インフルエンザウイルスの活動性が高まるのは、一般的に湿度と気温の低い冬の季節です。

人の気道(鼻から喉、気管支などの空気の通り道)には、空気と一緒に入ってきた小さなゴミや細菌、ウイルスなどの異物を粘液で包み込み、外へ送り出す働きがありますが、乾燥した冷たい空気はこの働きを低下させるためです。

インフルエンザの潜伏期間は1~2日で、発症する1日前から発症後5~7日頃まで周囲の人にうつしてしまう可能性があります。

特に発症日から3日間ほどが最も感染力が高いと考えられています。

さらに、熱が下がってもインフルエンザの感染力は残っていて、他の人に感染させる可能性があります。


インフルエンザウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制

乳酸菌はブームと言っていいほど注目されていますが、乳酸菌と言っても種類は多く、どの乳酸菌が効果があるのかわからい方が多いのでないでしょうか。その中でも、インフルエンザに、FK-23菌を酵素処理した濃縮乳酸菌が注目を集めています。

ニチニチ製薬と北海道大学・人獣共通感染症リサーチセンターとの共同研究で明らかにされました。

インフルエンザウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きが証明されています。

インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動してくれます。

そのさい、過剰な炎症が生じることで呼吸障害が起こり、死に至る場合があります。

さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげることも確認されています。

インフルエンザが流行する冬は、気温が低いため体が冷え、腸内の免疫機能の働きも悪くなりますから、フエカリス菌を摂取することをお奨めします。

フェカリスを摂取しますと、腸内の免疫細胞が活性化され、免疫系のバランスを整え、ウイルスの感染を阻止してくれます。


乳酸菌フェカリス「FK-23菌」 は、独自の特殊加熱処理により、通常の乳酸菌よりも3倍もの免疫力を高めてくれます。

FK-23菌は、インフルエンザやウイルスや肺炎に強い味方となってくれます。

乳酸菌は、副作用のない予防方法として効果的である事が様々な研究から実証されています。

乳酸菌により腸内細菌叢を整えて病原菌の侵入を防ぐことや、腸にある免疫細胞を刺激することで、病原体の体内への侵入に対し素早く免疫細胞が応答し、病原体を排除するためと考えられています。

さらに乳酸菌製剤が、抗生剤を使用することができない腸管出血性大腸菌の予防、治療に有用であるという研究報告が増えつつあります。

数ある乳酸菌の中でも乳酸菌エンテロコッカス・フェカリス「FK-23 菌」は、免疫を高める働きが強いことが注目されています。

プロテサンFK-23菌は、善玉菌を増やし、活性酸素を抑えて 腸内環境を整えることによって、きれいな血液を作り出し、免疫力を高めてくれます。そして、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるのて、あらゆる病気を遠退けてくれます。

善玉菌を増やす良質の乳酸菌FK-23菌

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品