KYOTO 健康村 | 健康食品販売

子供の インフルエンザ対策

2020/01/12 記事

風邪薬を超えるフェカリスFK-23菌

インフルエンザが流行する冬は、気温が低いため体が冷え、腸内の免疫機能の働きも悪くなりますから、フエカリス菌を摂取することをお奨めします。

フェカリスを摂取しますと、腸内の免疫細胞が活性化され、免疫系のバランスを整え、ウイルスの感染を阻止してくれます。

フェカリスFK-23菌」は、独自の特殊加熱処理により、通常の乳酸菌よりも3倍もの免疫力を高めてくれます。

インフルエンザウイルスは、免疫力を高めませんと戦えません。

FK-23菌は、インフルエンザやウイルスや肺炎に強い味方となってくれます。

乳酸菌は、副作用のない予防方法として効果的である事が様々な研究から実証されています。

乳酸菌により腸内細菌叢を整えて病原菌の侵入を防ぐことや、腸にある免疫細胞を刺激することで、病原体の体内への侵入に対し素早く免疫細胞が応答し、病原体を排除するためと考えられています。

さらに乳酸菌製剤が、抗生剤を使用することができない腸管出血性大腸菌の予防、治療に有用であるという研究報告が増えつつあります。

数ある乳酸菌の中でも乳酸菌エンテロコッカス・フェカリス「FK-23 菌」は、免疫を高める働きが強いことが注目されています。

プロテサンFK-23菌は、善玉菌を増やし、活性酸素を抑えて 腸内環境を整えることによって、きれいな血液を作り出し、免疫力を高めてくれます。

そして、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べれるのて、あらゆる病気を遠退けてくれます。

最近の研究結果では、フローラで「悪玉菌」の割合が多くなると “健康” や “美容”、さらには “自分のニオイ” にまで影響を及ぼすことが明らかになっています。

そこで大事になってくるのが、「善玉菌」を増やすことになりますか、しかし、多くの人が間違った考え方をしているのが「善玉菌の増やし方」です。

フローラの善玉菌を増やすために「ヨーグルト」や「乳酸菌飲料」が王道と思われがちだが、実はそうではな、NHKスペシャルで、外から取り入れた乳酸菌は定着することが出来ず、「数日で排出される」との報道もされています。

「生きた乳酸菌が腸まで届く」というフレーズがありますが、ヨーグルトなどに含まれる一般的な乳酸菌やビフィズス菌は「通過菌」と呼ばれ、定着して増殖することはありません。

たとえ生きて届いたとしても、自分のものではない善玉菌は数日で排出されてしまうのです。

いくら善玉菌であっても「カラダの外からやって来た菌」であれば勝手に住み着くことはできないのです。薬で風邪を抑え込みますと、治るのが遅くなります。

鼻水や熱が出るのは、体内から悪いウイルスを追い出す生体性防御反応の働きです。

体のアラームを強制的にオフにするのが薬です。

成分が強いほど、体の負担は増えます。

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品