KYOTO 健康村 | 健康食品販売

高血圧サプリ

閉塞性動脈硬化症を改善する濃縮乳酸菌

2020/05/01 記事

閉塞性動脈硬化症は、足に血液を送る腸骨動脈や大腿動脈に動脈硬化を生じて、血管が狭くなったりつまったりすることで足に流れる血液が少なくなる病気です。

典型的な症状は、じっとしているときはどうもないけど、歩いたりすると足がだるくなったり、太ももやふくらはぎの筋肉に痛みが出てくるというものです。

病気が進行すると、安静時にもしびれや痛みの症状がでるようになります。

さらに病気が進行すると足に壊死を生じ、命にかかわることとなります。

足が壊死するまで病院に来ない方はまれですが、糖尿病をお持ちの方は、合併症によって足の神経が障害されて壊死しても気づかないことがあり注意が必要です。

年齢が高くなるにつれ、内膜の中にたまったコレステロールを中心とした脂肪沈着は、やがて「脂肪斑」と呼ばれる状態になります。

20~30歳ごろから始まり、この「脂肪斑」などが大きくなり、血管の内側に向かって盛り上がってきますから、50~60歳になると血管自体は狭くなってしまいます。

その結果、スムーズな流れだった血流と内膜の間に無理(ストレス)が生じ、内膜を覆っている細胞(内皮細胞)が壊れ、血の塊(血栓)ができます。

この塊で血管が詰ると、急性心筋梗塞などの発作として、初めて症状が現れるようになります。

症状が自覚できるようになった時は、すでに20~30年に及ぶ沈黙の「動脈硬化の進行」があったと考えなくてはなりません。

硬化は無症状のまま進行します。

動脈硬化の原因は、一つではなく「高血圧」「高脂血症」「喫煙」「肥満」「糖尿病」「ストレス」なども関わっています。

プロテサンは、動脈硬化による脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病の改善に、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させるという、医薬品でも難しい脂質にたいする理想的な働きをFK-23 菌はしてくれます。

プロテサンのFK-23菌は、動脈硬化だけでなく、腸内細菌叢を改善させ、体内に蓄積した有害物質を排出させたり、腸管免疫を活性化させて、癌の予防や縮小に抗がん力を発揮してくれます。

プロテサンのFK-23菌は、免疫や治癒力を高める為の環境づくりをする乳酸菌で、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べられますから、健康維持を目的とする方、ガラダの中から元気になりたい方、内側から美しさを望まれる方、健康が支える充実した日々を望み方に愛用して頂きたいです。

プロテサンの主成分FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方になっくれます。

プロテサン のフェカリス菌FKー23乳酸菌は、一般の生菌ではなく、特殊加工熱処理された死菌です。その死菌が免疫細胞の餌になり、休眠中の免疫細胞を刺激し、免疫機能を活性化し、自然治癒力や免疫力を高め、安全性の高い乳酸菌になっています。

FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、FK-23菌を摂取しますと、血清コレステロールや中性脂肪を除去して、薬ではできない働きで動脈硬化を治癒し、高血圧・心筋梗塞・脳梗塞を遠退け、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方になってくれます。

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品