KYOTO 健康村 | 健康食品販売

糖尿病の3つの糖代謝メカニズムをサポートするケイ素

2019/06/30 記事

ケイ素は、3つの働きで糖代謝メカニズムをサポートしてくれます。

糖代謝には、インスリン代謝、グルコース代謝、ポリオール代謝の主に3つがあります。

ライスシリカ・プレミアムの栄養成分は、糖代謝を考えぬいたトリプルパワーで、

これら3つのの代謝メカニズムをしっかりとサポートします。

血糖値が気になる方には、ミネラル不足の方が多いことが知られていますが、

マンガン、リン、クロム、カリウム、亜鉛など、たっぷりのミネラル成分が含まれており、

糖代謝作用を助けることができます。

ケイ素は、人間に必要不可欠な栄養素のひとつで、血液をサラサラにする効果と血管を強くする2つの効果があるため糖尿病の合併症予防に効果を発揮してくれます。


 

 


糖尿病が進行すると、認知症や脳卒中、心筋梗塞など命に関わる病気につながる危険が高まります。

こうした原因が、血液中のブドウ糖が過剰に増えたことで、全身の血管が傷ついてしまいます。

血液中に増えすぎたブドウ糖は血管の壁にある内皮細胞に入り込みます。

すると、活性酸素が発生し、血管を傷つけてしまうと考えられています。

増えすぎたブドウ糖は細胞内のたんぱく質に結合する性質があります。

血管の細胞とブドウ糖が結合すると、細胞が変質してしまい、正常な機能を保てなくなってしまいます。

これらの原因から、高血糖状態が続くと全身の血管が傷つけられ、さまざまな合併症が起こると考えられているのです。

糖尿病神経障害は最も発症の頻度が高く、糖尿病の早期の段階から症状が現れます。

感覚を伝える末しょう神経が障害されることで、

足の指や足の裏のしびれ、痛み、まひなどが起こります。

さらに、内臓の働きを調整する自律神経が傷害されると、

胃のもたれ、便秘、下痢、立ちくらみなどが現れることがあります。

糖尿病神経障害があると、足の感覚が鈍くなるため、

靴ずれや、やけど、足のけがに気付きにくくなります。

高血糖状態は、細菌にとって栄養が豊富な環境のため、細菌感染を招きやくなります。

さらに周囲の血管は動脈硬化も同時に進行している場合があり、

血流が途絶えがちになるため足の傷が治りにくくなってしまうのです。

そして、足にできた小さな傷でも壊疽(えそ)のような深刻な状態につながり、

足や足の指の切断にもつながってしまいます。


動脈硬化で傷ついた血管を修復するケイ素

血管は、全身の細胞に栄養等必要なものを運ぶ道、生命維持に欠かせないもので、

全身に張り巡らされた血管網は、60兆個といわれる細胞1つ1つに栄養、酸素、ホルモン

血管の重要な材料であるケイ素は、年を取るとだんだん減少していきます。

古く硬くなった血管の内側には、中性脂肪や悪玉コレステロールなどがへばりついてプラークとなり、

血管内部が狭くなっていき、これが動脈で起これば動脈硬化です。

動脈硬化の起きた血管では、血液がサラサラとは流れず、プラークは時として血栓になります。

珪素には、血管の細胞の新陳代謝を活性化させ、傷ついた血管を修復する作用があります。

また血管内に附着している脂質(中性脂肪やコレステロール)を分解し体内に排出する効果があります。

動脈硬化でできたプラークも細胞の入れ替えにより修復して血管を強くするのです。


ラススシリカは、医療団体推奨認定・臨床実験を実施・世界で初めて特許を取得した植物性ケイ素の健康飲料だから、カラダにやさしく血液に働きかけてくれます。

ライスシリカ(ケイ素)サプリ 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品