KYOTO 健康村 | 健康食品販売

筋肉強化は、 免疫細胞を活性化する特効薬

2017/12/02 記事

筋肉は、年を取るにつれ衰え、握力が低下してきますが、筋肉を鍛えますと、免疫作用が強化され、癌、肺炎、腎臓疾患、心筋梗塞、糖尿病、動脈硬化、敗血症の予防に絶大な効果があり、病気になった時に、免疫細胞を活性化する特効薬のようなものです。

病気になるとそれまで運動のためだけに使用されていた筋肉が分解し、グルタミンという物質を放出し、それが免疫細胞のリンパ球を活性化させ細菌やがん細胞を食べてくれます。

多くのがんでは、病気が進行するにつれ体重減少し、筋肉が衰えて行きます。

その理由として考えられるのが、がん細胞の増殖によって起こる代謝の変化です。

がんによる代謝の変化が起こると、きちんと栄養を摂取しているのに栄養不足となり、免疫力の低下や、体力不足などを招き、治療が継続できなくなることもあります。

血液は、心臓と筋肉の収縮運動によって、血液の流れが生じ、リンパ液は、筋肉の収縮運動によって、ゆっくり流れて老廃物を丁寧に回収してくれますので、筋肉が衰えないように適度の運度が必要です

体の中で発生する、疲労、外部から侵入するウイルスや細菌、脂肪、タンパク質、毒素、つかわれなくなった栄養素などを回収してくれるのがリンパ液です。

リンパ液は全身にはりめぐらされたリンパ管を通って心臓に向かって流れています。全身に800個存在するリンパ節は、ゴミ箱になり、ここに汚れを捨てて、健康を保ってくれています。

処理しれなかったゴミは、心臓に流れ込む前に、心臓の左上のゴミ箱に集まってきます。そこで分別され、不要なものの多くは腎臓や腸に運ばれ排泄されます。

リンパ液は体のよごれをきれいにするだけでなく、免疫機能に大きく関わっていますが、疲労物質や不要物質が増えすぎますと、処理か滞るようになりますから、からだのいたるところが不調になって行き、がんなどが発症します。

ゴミ箱は、心臓の左上をさすってみて違和感が在るところがゴミ箱になり、心臓の左上を刺激するだけで、ゴミ箱の詰まりが取れ、さまざまな不調が改善されます。

血液は、心臓と筋肉の収縮運動によって、血液の流れが生じ、リンパ液は、筋肉の収縮運動のによって流れが生じます。ゆっくり流れて老廃物を丁寧に回収してくれますので、筋肉が衰えないように、適度の運度が必要です

がんの進行によってどのような変化が起き、がん細胞はどのように増殖するのかを知り、筋肉強化や摂取すべき栄養を知ることが大切です。

プロテサンの主成分FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方になっくれます。

プロテサン のフェカリス菌FKー23乳酸菌は、一般のような生菌ではなく、特殊加工熱処理された死菌で、その死菌が免疫細胞の餌になり、休眠中の免疫細胞を刺激し、免疫機能を活性化し、自然治癒力や免疫力を高め、安全性の高い乳酸菌になっています。

プロテサンは、生活習慣病の改善に、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させるという、医薬品でも難しい脂質にたいする理想的な働きを「FK-23 菌」がしてくれます。

プロテサンの「FK-23菌」は、動脈硬化だけでなく、腸内細菌叢を改善させ、体内に蓄積した有害物質を排出させたり、腸管免疫を活性化させて、癌の予防や縮小に抗がん力を発揮してくれます。

プロテサン

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品