KYOTO 健康村 | 健康食品販売

ボロボロになった肌を修復するシリカ

2020/10/02 記事

シリカは、身体の構成に重要な必須栄養素で、体内のあらゆる箇所で、美容と健康を保つサポートをしてくれています。さらに、自己治癒力や、免疫力をサポートしてくれる働きがあり、その効果には計り知れない可能性があるといわれています。

シリカは、もともと体内にある必須ミネラルですが、歳を重ねていくごとにその数は減少していってしまいます。

しかも、私たちは体内でシリカを作ることができないため、美容と健康を保つには、食事やサプリメントなどで外から摂取することで補っていく必要があります。

美容と健康にプラスになるシリカは、1日に約10㎎の摂取が必要とされています。

シリカは、土の中に多く含まれている成分でもあるため、土の養分を吸って育った作物にはシリカが含まれています。

例えば、じゃがいも、かぼちゃ、とうもろこし、アスパラガス、ニンジンなど。

また、玄米や大麦、きびなどの雑穀類に多く含まれています。

しかし、現代の食生活では、インスタント食品や、食の欧米化により、シリカのようなミネラルはとりにくくなってしまっています。

しかも、シリカは食材で摂取しても、体には十分に吸収されずに排出されてしまうため、食事だけで十分に補うことができません。

だからこそ、美容と健康を保つためには、体内に吸収されやすく加工したサプリメントやスキンケアで、シリカを補っていく必要があるのです。


シリカは、美肌三大要素をしっかり結びつける働きがある

肌の衰えや乾燥の原因は、「コラーけるゲンの減少」と言われていますが、シリカは「コラーゲン」の生成をサポートすることができ、さらに、「コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸」という、美肌に欠かせない三大要素を結び付ける働きがあるため、結合組織が丈夫になり、潤いとハリのある美肌へ導くことができ、シリカは美肌には欠かせない成分なのです。

シリカは、ボロボロになった組織もきれいに再生

美肌にシリカが欠かせないように、健康で美しい髪の毛や丈夫な爪にもシリカは欠かせません。

シリカは、身体全体の組織を束ねる働きを持っています。

その働きによって細胞壁を強くする効果があり、髪や爪でもコラーゲンなどの構成成分を結び付けてくれ、美しい髪や爪を生成するサポートをしてくれます。

強い抗酸化パワーでアンチエイジング

私たちの体内にある、「活性酸素」。普段はウイルスなどから体を守ってくれる役割がありますが、不安定になると、体内の酸化を進めてしまい、老化を加速させてしまいます。

シリカは、そんな活性酸素と結びつくことができ、抗酸化作用で活性酸素の悪さを食い止め、老化スピードの加速を防ぐことができます。そのため、アンチエイジングへとつながり、若々しさを保つことができるのです

ケイ素の働きによる、身体へのメリット

ケイ素には、体内の水素イオン(H+)を補足する働きがあります。 ケイ素は水素イオンを補足、結合(還元)して、血液の酸化を防いでくれます。

ケイ素はコレステロールに作用して、血管壁の掃除もしてくれます。血液の循環が良くなり、赤血球に付着している水素イオンにもケイ素は作用するので、赤血球による酸素の運搬も活発になります。(身体全体の末梢血管に至るまで酸素を運ぶ事で、細胞が活性化され健康になります。)

電子の働きによってコレステロールが乳化し、血管壁を掃除してくれるため、血管は広がり(血圧を安定させ)、血液の循環が良くなって酸素欠乏を解消します。

水素イオンをつかまえたケイ素は、腎臓で水分が再吸収されるのを防ぐ働きもするので、利尿効果が高まります。これにより、水分代謝がよくなるので、むくみがとれ、腎炎や膀胱炎、肋膜炎を予防し、肝臓への負担を緩和します。

ケイ素には、コラーゲンを束ねる作用があります。
コラーゲンは、組織と組織を強力につなぎ合わせる働きをしますが、骨や歯、爪、髪の毛、腱(けん)などの強度を保つ働きをしています。

骨を強くするミネラルと言えばカルシウムが思い浮かぶと思いますが、最新の研究では、ケイ素はカルシウム以上に骨を強くする可能性が高いという事が解りました。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品