KYOTO 健康村 | 健康食品販売

美味しい塩の作り方

2018/01/18 記事

ミネラルたっぷりのよい塩は、お金をかけなくても、自宅で簡単に作れます。
体によい塩

もっとかんたんにしたかったら、調理中に、使用する食塩の1割程度の水溶性イオン化カルシュウムを加えるだけで、料理そのものの味が変わります。

海水から塩田法で作られていたころの塩には、少なからず塩仕ナトリウム以外のミネラルが含まれていました。
海水には全ミネラル元素が含まれ、食塩は本来、ミネラルの宝庫である海水の濃縮物だつたはずなのですが、現在のイオン交換法や平釜塩では、塩化ナトリウムの純度が高い塩しか作られなくなつてしまいました。

精製塩は、食塩としては偏食の塩ですから、その塩に水溶性のカルシウムやマグネシウムのミネラル類をプラスしなけれは、本来の食塩とはなりません。

自然塩も多々出回っていますが、自然塩といえども、カルシウムが含まれる塩は少なく、体によい塩は非常に少ないのが現状です。自然塩の場合、塩に含まれる塩化物や硫化物が水を吸ってしまうため、湿って固まりやすく、大変使いにくいのが現状です。

水溶性イオン化カルシウムを加えると、まろやかで風味のいい、ミネラルバランスがととのった塩ができあがります。

自然塩に、水溶性イオン化カルシウムを加えると、カルシウムがたっぷり入った、サラサラで溶けやすい塩ができあがります。

水溶性イオン化カルシウムは、精製塩なら自然塩以上においしく、自然塩ならカルシウムたっぷりのさらにおいしい、本当に体によい塩に変えてくれます。

カルマックス

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品