KYOTO 健康村 | 健康食品販売

2025年には、700万人が認知症に・・・

2019/06/29 記事

5人に1人が認知症に

団魂世代の多くが後期高齢者の時代となり、5人に1人が認知症にかるとと言われています。

その原因は、糖尿病患者の増加です。

糖尿病になると、認知症の原因であるアルツハイマー病の発症リスクが2倍になります。

腸の不調を放置しますと、認知症リスクは増大します。

人生100年時代と言われていますが、健康長寿でいるためには、足腰だけでなく、腸の健康も欠かせません。

消化と吸収、排泄がスムーズな腸にキープすることが大切です。

腸が健康でないと、精神的にもストレスが溜まり、免疫力が下がって病気になりやすくなります。

朝食を抜いたり、食事の時間が不規則であったり、ストレスが掛かると、腸管運動にブレーキがかかり、便秘の原因になります。

便秘は腸の老化を早めるだけでなく、万病のもと、便秘が続きますと、老廃物や毒素が体内にたまり、さまざまな病気のリスクが高まります。

食生活の欧米化により、便秘・大腸がんになる方が増えています。

がんで亡くなる人のうち、女性の大腸がんが最も多いのです。

若々しくありたいと思っている健康法が、不健康になつていることもあります。

食物繊維でも、水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維があり、不溶性食物繊維は消化に時間がかかり、腸にトラブルを抱えている方には、お腹が張ったり、便秘になったりします。

ヨーグルトの摂り過ぎは好ましくない

ヨーグルトに含まれている動物性乳酸菌は、消化の過程でほとんど消滅し、小腸にはよいのですが、大腸には

好ましくありません。

ヨーグルトの食べ過ぎは、大腸内での腐敗を増長したり、脂肪の摂り過ぎ、腸の冷えにも関わります。

キウイが、腸を健康にしてくれます

キウイには、食物繊維が豊富で、ビタミンCやカリウム,たんばく質分解酵素など、たくさんの栄養素が詰まっています。

腸のためには、ヨーグルトよりもキウイを毎日1個食べたほうがよく、腸内フローラを整えてくれます。

クラーなどによる体の冷えは、内臓の血流を滞らせ、腸の働きを悪化させます。

水分補給も冷たすぎますと、腸を冷やしてしまいますので要注意です。


万病を遠退けるプロテサン

癌・肥満・糖尿病・アレルギー・お肌のシワまで関わる腸内フローラ

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品