KYOTO 健康村 | 健康食品販売

前立腺がんをプロテサンで克服

2020/11/02 記事

毎晩のように何回かトイレに行くようになり、病院の診察を受けますとPSAの数値が400を超え、中期のがんであることか分かりました。

医者のすすめでホルモン療法を受けることになりました。

ホルモン療法とは、女性ホルモンを投与、抗男性ホルモン薬を服用したりする治療です。

前立腺がんは、男性ホルモンの影響を受けて大きくなり、男性ホルモンの分泌を抑えることで、がんをちいさくして進行を食い止める事かでるとことです。

治療によってPSAは下がったのですが、再検査の時に数値が上がって、なかなか安定しない状態で、トイレの回数もなかなか減りませんでした。

濃縮乳酸菌のことを知り合いから聞き、取り寄せて飲みました。

乳酸菌の中でも免疫増強作用が最も強いと言われるエンテロコッカス・フェカリスFK-23菌か1包に4兆個以上含まれる乳酸菌食品です。

エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌は、薬に匹敵する抗がん力があります。

プロテサンSを1日に朝・昼・夜と食後に3回飲用しました。

1カ月後のPSAの数値が50台まで下がっていました。

2が月後にPSAの数値が40台までに改善しました。

プロテサンを飲むようなり、トイレの回数がヘリ、疲れなくなったなど、うれしい効果を感じています。

濃縮乳酸菌を摂るようになってから、疲れににくなりました。

医者が抗がん剤治療前に薦めるプロテサン

抗がん剤の副作用で、正常な細胞がダメージを受けてしまいますのて、プロテサンを引用し、免疫力をアップさせれば、細胞のダメージを減ら、抗がん剤の副作用を緩和することができます。

プロテサンを飲用している人は、飲まない人と比べると、体のだるさや、吐き気、脱毛など副作用が軽減された方が多いそうです。

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品