KYOTO 健康村 | 健康食品販売

ウイルス・感染症を防御するFK-23菌

2020/03/18 記事

私たちのお腹の中には腸内細菌といれれる細菌が約300 種類、 約100兆個も居て、健康に深く関わっています。

その中でからだに良い働きをしてくれる腸内細菌が乳酸菌です。

そして様々な実験の結果、最も効果のあった乳酸菌が「エンテロコソカス・フェカリスFK一23」なのです。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。。

しかし、その免疫細胞の7割くらいは休息中です。

FK-23菌を摂取しいますと、細胞の餌になり、免疫細胞を刺激することで目覚めることで、免疫力が強くなってくれます。

特長は

免疫力を高め、ガンや感染症を防ぐ 

FK-23は、独自のバイオ技術 (加熱処理菌体)により生菌3倍ち免疫力を高める力がありまガンの予防・治療や、感染症の予防に効果があります。

動脈硬化の予防・改善で、脳卒中や心筋梗塞を防ぐ     

FK-23は、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすことにより動脈硬化を予防・改善し、血圧を正常にし、心筋梗塞・脳梗塞の予防・治療にち効果があります。

腸内の善玉菌を増やし、お腹の調子を整えます。

体に良い働きをする乳酸菌を増やし、便秘の改善など、美容にも効果があります。

安全です。

薬でほありませんが、試験により副作用の無い安全性を確認済の食品です。

C型肝炎

C型肝炎の治療にはインターフエロンが主に使ねれています。インターフェロン療法はウィルスの増殖を抑えるだけでなく、ウィルスを排除します。

最長で6ケ月間の使用が認められていますが、長期の使用は、経済的負担と副作用 (脱毛,呼吸困難,甲状腺機能異常など)が問題になります。

健康な人は十分にインターフェロンを作り出す事が出来ますが、肝炎の人は作り出す量が不足しウィルスの増殖を防ぐ事が出来ません。

乳酸菌FK-23は、インターフェロンを作り出す力を強めます。

感染症

子供や老人は、免疫力が弱いため病原菌やウィルスに感染しやすくなっています。また、糖尿病や抗ガン剤を使用している人ち免疫力が低下しているため、曽通であれば感染する事のない菌にも感染します。乳酸菌FK-23は、弱った免疫力を高めて感染症を予防します。

ガ ン

ガンの治療法は様やですが、どれも重い副作用があります。乳酸菌FK-23は弱った免疫力を高める事で、ガンを予防したり、できた腫瘍を小さくします。

現在使用されている抗ガン剤はガン細胞を破壊する力も強力ですが、正常な細胞まで破壊してしまうので身体に様々な障害が現れます。

乳酸菌FK-23は、ガン細胞を攻筆する力を高めると同時に、抗ガン剤に見られる副作用を軽減します。

動脈硬化                                        ・

動脈硬化は心臓病や脳卒中の原因です。人は誰でち年齢と共に血管がつまっでいきます。

乳酸菌FK-23は、中性脂肪の低下、HDL善玉コレステロールの増加などで血管をされいにし、かつ、加圧をコントロールして生活習慣病を防ぎます。

整腸作用

便秘は有害物質が腸内に滞るため大腸がんのリスクが高まります。最近では、食物繊維よりも乳酸菌に大腸がんを防ぐ効果があることが明らかになっています。

乳酸菌FK-23は、善玉菌を増やし悪玉菌を減らしてくれます。

善玉菌が作りり出す酸により、腸の善運動を促進させ排便を促します。

プロテサンr45包

新型コロナウイルスの自衛策は、免疫力を高めることです。

免疫力は、乳幼児時期は低く、成長するにつれて高まり、20 歳前後にピークを迎えますが、それを過ぎると加齢とともに徐々に低下し、40代で50 %、70代では10%まで低下することもああります。

子供や高齢の方は、免疫力が弱いためウイルスに感染しやすく、糖尿病や抗がん剤を使用している人も免疫力か低下しているため、普通感染しない菌でも感染します。

ウイルス侵入に対して、食事や乳酸菌で免疫力と治癒力を高めておくことが大切で、FK-23菌は、免疫力を高める効果が期待できます。

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品