KYOTO 健康村 | 健康食品販売

簡単糖質ダイエット

2018/04/15 記事

なかなかとれないお腹の脂肪、長年、肥満になるのは原因は、脂肪だと言われていて、カロリー制限を指導されてきましたが、本当の原因は糖質です。

アメリカ人の場合、食品に添加された糖を年間なんとおよそ60kgも取っているそうで、1日に小さじ約22杯になります。

糖質は、内臓脂肪が増え、多くの生活習慣病を生み出していることも明らかになって来ています。

中年男性の多くが悩むポッコリお腹
油っぽいものを食べた脂肪でなく
糖質を過剰摂取したことで余ったブドウ糖が中性脂肪に姿を変えたものです。

一度溜め込みますと、お腹の脂肪はなかなか減らない仕組みになっています。

やせるには、運動するだけでなく、食事を変え、糖質を制限することです。

カロリーは一切、気にしないで・・・。
毎日の食事からごはんやパン、麺類、イモ類を減らして、その分野菜や、お肉、魚、豆腐なとお腹いっぱいたべてください。

缶コーヒーやジュース、清涼飲料、スナック菓子やケーキーなと控えてください。

確実に体重を減らす為には、1日の糖質の摂取量を

男性の方は、1日120g

女性の方は、100g以下に抑えてください。

食べる順番で太り方が違います
最初に、繊維質の豊富な野菜、続いて消化に時間がかかるタンパク質、最後に糖質のものを食べる事によって
血糖値の上昇を緩やかに抑えられます。

海藻やキノコは糖質かほぼゼロて積極的に食べてください。

うどんやラーメン1玉53gで、角砂糖の13個分の糖質になります。

健康維持は
臓器や器官の細胞が必要とする栄養素があります。

栄養不足によって、機能が低下して、悪循環の積み重ねで生活習慣病が発症しています。

モリンガは、不足がちの栄養が補給でき、体内に蓄積している食品添加物・合成保存食・防腐剤などの化学物質を排出し、免疫力や治癒力を高めてくれます。現代病や認知症予防にお奨めしたいしたい栄養食品です。

可食植物で、一番高い栄養素をほこるワサビ科の植物で、90種類の栄養素と300種類の薬効果効能、46種類の抗酸化物質、36種類の抗炎症物質、オメガ不飽和脂肪酸、生きていくのに必要不可欠なアミノ酸19種類の全てが含まれています。

ぜひスーパーフード「モリンガ」をお試しください!

奇跡のモリンガ

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品