KYOTO 健康村 | 健康食品販売

世界初  美白・美肌乳酸菌スキンケア化粧品

2020/01/01 記事

乳酸菌研究所のパイオニアだから可能にした酵素処理乳酸菌

世界初 肌に塗る乳酸菌「MK-116」美肌・美白に効果

ニチニチ製薬は、1987年創業以来、FK-23 乳酸菌一筋に、さまざまな大学や医療機関と共同研究を重ねてきた結果、11件の特許を取得しています。

ニチニチ製薬は、人体最大級の免疫臓器と言える皮膚への研究を行いました。そこで開発されましたのが、塗って美白・美肌効果を発揮するMK-116です。

肌は外界と接する最前線です。皮膚のすぐ下には免疫細胞(ランゲルハンス細胞)が常駐ており、肌免疫あるいは、厳密には臓器に分類できませんが免疫臓器とも言われています。

肌の表面には皮膚常在性細菌と呼ばれる細菌が住んでい、その数1兆個以上とも言われています。

たとえばニキビの原因となるアクネ菌は、皮脂を分泌する細胞(皮脂腺細胞)に触すると細胞内に皮脂を貯留し、肌に過剰に分泌します。増えたアクネ菌と免疫細胞が戦ったあと、膿の状態となったものがニキビです。

また皮脂は素に触れると酸化し、臭いの元になったり、さまざまな炎症の原因となります。

このように皮脂分泌が過剰なオイリースキンの場合は、炎症を起こしやすくなります。

皮脂は肌を乾燥や刺激から守り、さらには菌の侵入を防ぐなどのバリア機能の役割を捕っています。

逆に皮脂が不足すると肌を守るバリア機能がわれ、肌は水分を失って乾燥し、細菌やハウスダスト、紫外線といった外部からの刺激に対して敏感になります。

肌の乾燥は、皮膚のターンオーバーの乱れにつながります。

肌にMK-116を塗布すると皮膚菌に占めるアクネ菌の割合が大幅に減少する事が確かめられています。

また、アクネ菌と皮脂菌接触してもf胎内に皮脂を貯留しなくなります。

それで過剰な皮脂の分泌を抑、ニキビなどの炎症を防ぐと同時に脆性肌を改善します。

さらに脂性肌とは逆に、カサカサの乾燥肌にもMK-116は効果を発揮します。

塗布することにより支脂腺細胞が皮脂を貯めるようになり、適度に肌に分泌されるよう改善されま
す。

それによって潤いを保ち、いゆる肌のモイスチヤ;効果をめるのです。

このようにMK-116は皮脂をコントロールして美肌の基盤をつくります。

肌にはメラノサイトという細胞があり、チロシンという体内に普通にあるアミノ酸の一種がが入り、チロシナーゼなどいくつかの酵素のはたらきによってシミの原因となるメラニンが出来るのです。

メラノサイト細胞をMK-116と一緒に培養したところ、酵素であるチロシナーゼのはたらきを抑制することが確認されました。

チロシナーゼのはたらきを抑制することでメラニンが生成しにくくなり、その結果シミが出来にくく
なります。

さらにMK-116が直接メラニン産生を抑制する効果も確かめられました。

メラニンを大量に産生する細胞にMK-116を入たところ、メラニンの産生率下がりました。

「ヒト皮層3次元培養モデル」という、より人の皮層に近い状態での実験でも、メラニン産生抑制効果が確かめられてます。

 

世界初 肌に塗る乳酸菌美肌・美白化粧品

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品