KYOTO 健康村 | 健康食品販売

栄養には「病気や老化を改善し、予防する力がある」

2019/02/10 記事

私たちは生まれてから死ぬまでのあいだ、食べものによって身体をつくり、食べものにって身体を維持されています。

体内で身体をつくる成分となり、活動のエネルギー源になるのが、食べものの中にあるタンバク質やミネラルなどの栄養素です。

食事を通じて食べものにある栄養素を取り込み、生命活動を維持しています。

人間の身体は約60兆個の細胞からできていますが、その一つひとつがいい状態で十分に機能を発揮できていれば、健康はいつまでも保たれます。

反対に、それぞれの細胞に栄養が行き渡らず、機能が十分に発揮できないと不調や病気になります,

栄養療法は、適切な栄養素を体内に供給ずるこどで、細胞を生まれ変わらせようとするものです。

不足しでいるビタミン、ミネラルなどを補いながら、身体の栄養バランスをもっともいい状態に整え、不調を治します。

例えば、ビタミンCを一日2000mg摂りますと、コラーゲンの合成が急増します。

栄養というのは、摂取量によって役割が変わります。

1日に200mg摂れば壊血病になりませんが、増量して2g摂れば、コラーゲンの合成が急にふえます。

栄養素を摂ることは、欠乏症にならないだけでなく、増やすことで、別の効用があらわれて来ます。

ケイ素の立証された効果

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品