KYOTO 健康村 | 健康食品販売

NK細胞を高めるプロテサン

2017/12/10 記事

NK細胞は 、名が示すとおり、生きれながらの「殺し屋」で、独自に体内を見回り、ウイルスやがん細胞 などの異常を発見するどすぐに攻撃する自然免疫の代表です。

NK細胞が活発に働けば、手ごわい敵でも排除、獲得免疫も機能しやすくなるので病気になりにくい、また治りやすいと考えられます。

NK細胞の活性値(NK活性)が免疫力の指標となっています。

NKの活性の低い人は、風邪にかかりやすく治りにくい、感染症でのでの死亡率が高いといわれ、疫学的調査でも、NK活性の低い人は、癌になるリスタが高くなります。

NK細胞低下の要因は、まずは加齢です。その次に腸内環境と代謝の悪化で、NK細胞の活性値は、成長カーブと同様、子どもの頃は低く、次第に上昇して20 歳代がピ一ク、その後は 次第に落ちていき、50歳頃かぢグッと下がっていきます。

NK細胞を高めるプロテントは、

プロテサンの主成分FK-23菌は、腸内環境を整え、免疫のを刺激して、免疫力を生菌の3倍高める濃縮乳酸菌です。

プロテサンの主成分FK-23菌は、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富な乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、「主治医にしかられない」「病院の治療の内容にかかわらず食べれる」のて、病気と闘っている方の強い味方になっくれます。

プロテサン のフェカリス菌FKー23乳酸菌は、一般のような生菌ではなく、特殊加工熱処理された死菌で、その死菌が免疫細胞の餌になり、休眠中の免疫細胞を刺激し、免疫機能を活性化し、自然治癒力や免疫力を高め、安全性の高い乳酸菌になっています。

プロテサンは、生活習慣病の改善に、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させるという、医薬品でも難しい脂質にたいする理想的な働きを「FK-23 菌」がしてくれます。

プロテサンの「FK-23菌」は、動脈硬化だけでなく、腸内細菌叢を改善させ、体内に蓄積した有害物質を排出させたり、腸管免疫を活性化させて、癌の予防や縮小に抗がん力を発揮してくれます。

プロテサン

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品