KYOTO 健康村 | 健康食品販売

新型コロナ第2波の感染に備えること

2020/05/29 記事

世界保健機構(WHO)は、「あらたな風土病にとなり、ウイルスが消え去ることがないかもしれない」と述べ、根絶できずに、長期にわたって対応しなくはならい疾病になる可能性があると言及されています。

規制が長期になりますと経済が破綻するため、感染拡大か止まれば、規制緩和が始まり、新型コロナウイルスと共存した日常生活が始まります。

新型コロナウイルスの治療薬としては、現時点では効果が科学的に確認されたものはありませんが、新型コロナウイルスの治療に効果が期待されている「レムデシビル」について、厚生労働省は国内初の治療薬として承認されました。

承認された薬は、感染した人・重症化した人に使用されるもので、どれも副作用が伴っています。

レムデシビルは、アメリカの製薬会社が作っている薬で、点滴で使用するお薬で、エボラ出血熱の治療のために開発を進めていた薬剤です。

研究開発段階の薬で、まだ、どの国や地域でも承認されておらず、投与されたのは臨床研究としてコンゴ民主共和国のエボラ出血熱方のみとなっています。

起こりうる副作用は、その頻度は不明であるものの、臨床実験の段階では肝機能障害、下痢、皮疹、腎機能障害などの頻度が高く、重篤な副作用として多臓器不全、敗血症性ショック、急性腎障害、低血圧が報告され、特効薬として投与することは難しいという見解もあります。

アビガンは、副作用として催奇形性(女性・男性ともに、内服した際に胎児に悪影響を及ぼす可能性がある)があると考えられていることや、インフルエンザの治療薬ではあるものの第一選択のタミフルなどに対して効果がなかった方に使用されていたという背景があるため、一般の方に処方される目途は臨床試験の進み具合などにもよります。

イベルメクチンは、マクロライド系の抗菌薬で、駆虫薬として用いられることの多いお薬で、日本人が発見したお薬としてノーベル賞を受賞したこともあるお薬です。

HIVやデングウイルスの抑制効果もあるとしていますが、このお薬が新型コロナウイルス感染症を改善させる可能性があるということをオーストラリアのモナッシュ大学の研究チームが発表しています。

まだ、人に対して応用として使われてはいないものの、期待が高まっているお薬です。

これからも、次々と新薬が開発が進められて行きますが、効く薬ほど副作用が付きものです。

新型コロナに感染しない、感染しても重症化しないように、自己免疫力を高めて置くことが大切です。

持病がある方の中には、新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい可能性がある方がいます。

新型コロナウイルスが重症化しやすいのは糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制薬や抗がん薬などを用いている方といわれています。

特に呼吸器疾患については、重症化しやすいだけでなく持病そのものを悪化させる可能性も懸念されます。

持病のある方のコロナウイルスによる死亡率を見てみると、心血管疾患が10.5%、糖尿病が7.3%、慢性呼吸器疾患が6.3%、高血圧が6%、悪性腫瘍が5.6%と言われています。

そのため持病のある方にとって重要なことは、コロナウイルスの感染予防だけでなく、持病の管理をしっかり行っておくことも重要です。

プロテサンは、新型コロナ予防だけでなく、長期に渡って免疫力を維持してくれます。

持病がある方の中には新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい可能性がある方がいます。

 

新型コロナウイルスが重症化しやすいのは糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制薬や抗がん薬などを用いている方といわれています。

 

特に呼吸器疾患については、重症化しやすいだけでなく持病そのものを悪化させる可能性も懸念されます。

 

持病のある方のコロナウイルスによる死亡率を見てみると、心血管疾患が10.5%、糖尿病が7.3%、慢性呼吸器疾患が6.3%、高血圧が6%、悪性腫瘍が5.6%としています。

 

そのため持病のある方にとって重要なことは、コロナウイルスの感染予防だけでなく、持病の管理をしっかり行っておくことも重要です。

持病がある方の中には新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい可能性がある方がいます。

 

新型コロナウイルスが重症化しやすいのは糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制薬や抗がん薬などを用いている方といわれています。

 

特に呼吸器疾患については、重症化しやすいだけでなく持病そのものを悪化させる可能性も懸念されます。

 

持病のある方のコロナウイルスによる死亡率を見てみると、心血管疾患が10.5%、糖尿病が7.3%、慢性呼吸器疾患が6.3%、高血圧が6%、悪性腫瘍が5.6%としています。

 

そのため持病のある方にとって重要なことは、コロナウイルスの感染予防だけでなく、持病の管理をしっかり行っておくことも重要です。

持病がある方の中には新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい可能性がある方がいます。

 

新型コロナウイルスが重症化しやすいのは糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制薬や抗がん薬などを用いている方といわれています。

 

特に呼吸器疾患については、重症化しやすいだけでなく持病そのものを悪化させる可能性も懸念されます。

 

持病のある方のコロナウイルスによる死亡率を見てみると、心血管疾患が10.5%、糖尿病が7.3%、慢性呼吸器疾患が6.3%、高血圧が6%、悪性腫瘍が5.6%としています。

 

そのため持病のある方にとって重要なことは、コロナウイルスの感染予防だけでなく、持病の管理をしっかり行っておくことも重要です。

持病がある方の中には新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい可能性がある方がいます。

 

新型コロナウイルスが重症化しやすいのは糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制薬や抗がん薬などを用いている方といわれています。

 

特に呼吸器疾患については、重症化しやすいだけでなく持病そのものを悪化させる可能性も懸念されます。

 

持病のある方のコロナウイルスによる死亡率を見てみると、心血管疾患が10.5%、糖尿病が7.3%、慢性呼吸器疾患が6.3%、高血圧が6%、悪性腫瘍が5.6%としています。

 

そのため持病のある方にとって重要なことは、コロナウイルスの感染予防だけでなく、持病の管理をしっかり行っておくことも重要です。

善玉菌を増やすことで、強化された腸管免疫が細菌がウイルスを撃退してくれます。

私たちの腸の中には、500種類以上、約100兆個もの腸内細菌が棲みついています。

プロテサンは、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防ぐことの特許取得食品です。

副作用の心配もなく、妊婦の方も安心して食べて頂けます。

新型コロナウイルスに感染し場合、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

  • LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動を始めてくれます。
  • 過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。
  • さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。

プロテサンは、免疫や血糖コントロールに深く関わり、インスリンの働きをよくしてくれます。

今回の新型コロナでは、糖尿病の人が多く命を失っておられ、今年の秋から冬にかけて、再び感染が拡大するともいわれています。

米国のイリノイ大学の研究では、血糖コントロールがずっと良好、あるいは徐々に改善する人の腸内では、腸内細菌が多くみられ、代謝や免疫といった体の機能に良い影響を与える善玉菌が多いことが判明されています。

順天堂大学の研究チームも、日本人の2型糖尿病患者の腸内フローラと、腸内細菌の血流中への移行について調査され、糖尿病患者の腸内フローラが乱れていることと、腸内細菌が腸内から血流中へ移行しやすいことが明らかにされています。

FK-23菌

プロテサンは、新型コロナを予防するだけでなく、傷ついた血管を修復したり、糖尿病など生活習慣病を予防改善する乳酸菌です。

プロテサンを摂取しますと腸環境が整い、免疫力が高まり、動脈硬化を起こした血管、傷ついた血管を修復し、血液をサラサラにして、万病を遠退けてくれます。

 

プロテサンR45包  含有量1包に1兆個

ヨーグルト100㍑分相当

特許取得実績乳酸菌素材FK-23

 

プロテサンr45包

チサフェルナLFK乳酸菌

含有量(1包)2兆個・ヨーグルト 200㍑分相当

特許取得実績乳酸菌素材LFK

花粉症サプリ

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品