KYOTO 健康村 | 健康食品販売

コロナ感染自宅待期の場合の備え

2021/01/28 記事

新型コロナウイルス感染症患者の爆発的な増加に伴い、感染者でも自宅療養やホテル療養となる方が増えています。

新型コロナと診断され入院ではなく「自宅療養」となった場合も、人にうつす可能性があります。

具体的には発症3日前から発症5日後くらいまでは特に感染性が強く、軽症の方でも最大10日目まで人にうつす可能性があると言われています。

自宅療養中の健康管理

新型コロナウイルス感染症の初期症状は風邪やインフルエンザと似ています。

典型的には、・発熱・咳・だるさ・食欲低下・息切れ・息苦しさ・痰・筋肉痛・嗅覚障害・味覚障害などの症状の頻度が高いとされます。

こうした症状の有無について、1日2回はご自身で確認し、1日1回は保健所に連絡するようにしましょう。

診断時点では無症状であった人でも、経過中に発熱や咳などの症状が出現することがあります。

この場合、自宅療養期間は症状の出現時を起点として最短10日となります(ずっと無症状の場合は検査日を起点とします)ので、症状が出たことを必ず保健所に伝えるようにしましょう。

自宅療養中に新型コロナの病状が悪化することがあります。

特に注意すべきなのは、発症から約1週間前後です。

この時期に「息切れ・息苦しさ」が強くなると、新型コロナが悪化している可能性があります。

我慢できないほどの/我慢できなくなる一歩手前の「息切れ・息苦しさ」が出現した場合は、なるべく早く保健所にその旨を伝えるようにしましょう。

新型コロナウイルスに感染すると現れる初期症状や、重症化の前兆となる緊急性の高い症状についてまとめています。

医療機関での受診の目安や注意点、早めの相談が必要な人の情報もまとめています。

厚生労働省は5月8日、新たな相談の目安を公表し、息苦しさや高熱などの症状があればすぐに相談するよう呼びかけています。

✤ 息苦しさや強いだるさ

✤ 高熱などの強い症状がある場合

✤ 高齢者など重症化しやすい人で発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状がある場合

✤ 重症化しやすい人でなくても、発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が続く場合

発熱やせきなど比較的軽いかぜの症状が4日以上続く場合新型コロナウイルス初期症状は、発熱や咳など風邪のような症状がみられるほか、嗅覚・味覚障害が生じることがあります。

人によっては下痢・嘔吐などの消化器症状や意識障害などの神経症状が現れることもあります。

感染してから約4日(最大日)14日)後に風邪のような症状が出現します。

風邪のような症状とは、微熱を含む発熱、咳、ノドの痛みなどです。

その他にも頭痛、だるさ、関節痛・筋肉痛などの症状がみられることがあります。

このように、新型コロナウイルス感染症は風邪やインフルエンザによく似ていますが、症状が続く期間がそれらと比べて長いという特徴があります。

特に重症化する事例では、発症から1週間前後で肺炎の症状(咳・痰・呼吸困難など)が強くなってくることが分かってきました。

つまり、発症してから1週間程度は風邪のような軽微な症状が続き、約2割弱と考えられる重症化する人はそこから徐々に悪化して入院に至るというわけです。

もう一つの特徴として、嗅覚障害・味覚障害を訴える患者さんが多いことも分かってきました。

特に若年者、女性ではこれらの症状がみられる頻度が高いようです。

ただの風邪や副鼻腔炎、花粉症が原因で嗅覚異常・味覚障害が起きることもあるので「嗅覚障害・味覚障害=新型コロナ」ではありませんが、だらだらと続く風邪症状に加えてこれらの症状があれば新型コロナの可能性は高くなるでしょう。

厚生労働省による重症化の前兆となる緊急性の高い症状を自分でチェックできるリスト

表情・外見

顔色が明らかに悪い・唇が紫色になっている・いつもと違う、様子がおかしい

息苦しさなど

息が荒くなった(呼吸数が多くなった)・急に息苦しくなった・生活をしていて少し動くと息苦しい

胸の痛みがある横になれない・座らないと息ができない・肩で息をしている突然(2時間以内を目安)

ゼーゼーしはじめた

意識障害など

ぼんやりしている(反応が弱い)・もうろうとしている(返事がない)・脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする

重症化してきますと

唇が紫色になる・息が苦しくなる・急に息が苦しくなる・少し動いたり働くと息が苦しくなる・横になれない・座れない・寝られない・肩で息をする・ゼーゼし始める・脈のリズムが乱れる・顔色が悪くなる・いつもと体調が違う・ぼんやりする・もうろうとする。

#新型コロナウイルス #を抑え込むためには1人1人が自粛を心がけることが非常に大切で、引き続き各々の自粛生活取り組みましょう。

日頃、元気で健康的な毎日を送っている方でも、高齢になると、体調の変化などちょつとしたことがきっかけで肺炎を引き起こしやすくなり、急激に症状が進むこともあります。

新型コロナウイルスが世界的に大流行している今、自分も家族もいつ感染するかわかりません。

感染しない・感染させないために

換気の悪い密閉空間・近距離での会話や発声がある密接場所・手の届く距離に多くの人がいる密集場所を避けましょう

感染しない・感染させないために、毎朝の体温チェックをしましょう。

特に3つの条件が同時に重なる場所は、一度に多くの人が感染し、クラスター(集団)発生のリスクが高いため、避けましょう。

また、共同で使う物品などは消毒しましょう。

咳・発熱等の風邪症状が見られる場合や感染が疑われる場合は、外出を避けましょう

不要・不急の外出は避け、職場などは行かないでください。

やむを得ず外出する場合は、マスクを着用しましょう。

子供や高齢者は、免疫力が弱いために病原菌やウイルスに感染しやすく、普通では感染しない菌にも感染します。

抗ウイルス薬がなかったり、あっても耐性ウイルスの出現が問題になる中、予防や自身の免疫力による回復が重要と考えられています。

インフルエンザなどのウイルスが肺に入ると、肺の上皮細胞が破壊されます。

そのまま放置すると肺炎となり肺胞が死滅して肺機能が衰え、呼吸ができなくなって死に至ります。

新型コロナウイルス感染対策に、免疫力と治癒力を高めましょう。

私たちの体には、外から侵入する細菌やウイルスなどの病原菌を撃退し、体を守る防御システムが備わっています。これが「免疫」です。

免疫システムを担っているのは様々な免疫細胞ですが、腸は全身の免疫細胞の約7割が集まる、免疫のカギとなる臓器です。

そのため腸内環境がよい状態に保たれていないと腸の免疫機能が低下し、感染症などの病気にかかりやすくなります。

また、腸内環境の乱れによって免疫機能に異常をきたすと、花粉症やアトピーなどのアレルギー性疾患や、リウマチなどの自己免疫疾患を引き起こしてしまうこともあります。

〝腸内環境がよい〞状態というのは、腸にすむ腸内細菌のバランスがよいことです。

腸内細菌はおよそ100兆個、1000種類以上も存在し、腸壁の粘膜に生息していてお花畑(フローラ)のように見えることから、「腸内フローラ」とも呼ばれています。

腸内細菌は大きく「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」の3種類に分けられ、その理想的なバランスは、善玉菌2、日和見菌7、悪玉菌1です。

このバランスが崩れて悪玉菌が優勢になってしまうと、免疫機能の低下を招くことになります。

免疫を高めておけば感染した場合に、重症化をさけたり、後遺症を減らしたり、治りを早くしてくれます。

免疫を高めておけば感染した場合に、重症化をさけたり、後遺症を減らしたり、治りを早くしてくれます。

FK-23菌は、ウイルス感染防御の特許を取得商品で、 免疫を高める乳酸菌です。

FK-23菌やLFK乳酸菌は、子供や妊婦の方も安心して食べて頂けます。

LFK乳菌は、ニチニチ製薬と北海道大学との共同研究によって、ウイルスによる肺の炎症を抑制して、新しい肺胞上皮細胞を増殖させる特許を取得しています。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動し始めます。

過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。

さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。

肺胞細胞が死滅して少なくなっても、LFKが新たな肺胞細胞の増殖を促し、肺の機能を蘇らせるので、ウイルスに感染しても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。

酸菌の持つ抗酸化誘導能すなわち「体の酸化ストレスとたたかう力」も炎症を抑えるのに役立っています。

エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、II型肺胞上皮細胞活性剤・抗アレルギー・II型肺胞上皮細胞活性剤・酒さ(赤ら顔)治療剤・色素沈着抑制剤などの5件の用途特許を取得したサプリです。

花粉症サプリ


小売希望価格  9.000円+税

プロテサンのFK-23菌は、ヨーグルトなどの菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、免疫力を高めるだけでなく傷ついた血管を修復したり、肝機能を高めたり、世界でも類のない乳酸菌で、動脈硬化の予防・改善し、血圧の正常化に働くなど、万病を遠のけてくれます。

プロテサンのFK-23菌は、善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させるなど医薬品でも難しい働きをしてくれます。

健康を快復する為には、1日に1兆個以上の乳酸菌を補うことが必要です。

プロテサンは、1包で乳酸菌6000億個・1兆個・2兆個・4兆個の4タイプがあり、どのタイプのプロテサンも同じFK-23菌です。

プロテサンr100包 

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品