KYOTO 健康村 | 健康食品販売

心筋梗塞救うFK-23菌

2018/03/26 記事

心筋梗塞とは、動脈硬化などによって狭められた冠静脈に血栓(血の固まり)などが詰まって、心臓の筋肉に血液が行き渡らなくなってしまう病気です。
血液が届かなくなってしまった部分お細胞は壊死します。
心臓全体が大きながダメージを受け、発症者の30~40%が死に至るという恐ろしい病気です。
心筋梗塞は、動脈硬化と深い関わり、心筋梗塞の発症を防ぐには、動脈硬化の進行を遅らせることが最善の策と言われています。

身体のさまざまな臓器・器官は、必要とする酸素や栄養素を血液から供給され、その通り道である血管の内腔が狭小化したり、血管癖の弾力が失われたりする動脈硬化が発症すると、身体各部の機能が低下し、死に至ります。
動脈硬化を起こさせる病態として、高血圧・高脂肪症・糖尿病・肥満で、一度血管に付着したコレステロールの塊や血栓は、治療してもすぐには消失しません。

動脈硬化は、血管(動脈)が加齢によって固くなり、弾力性が失われたり、血管の壁にコレステロールなどの脂質が付着して、血液が通るスペースが狭くなったりすることで、血液がスムーズに流れにくくなる病気です。
誰もがかかる疾患ですが、タバコを吸っている人は禁煙を、脂っこい料理よりはあっさりした料理を食べ、適度に運動し、十分睡眠をとるなど、日常の生活習慣を改善することで進行を抑制することはできます。

「FK-23菌」は、生活習慣病の改善に、善玉コレステロールを増やしして、悪玉コレステロールと中性脂肪を減少させるという、医薬品でも難しい脂質にたいする理想的な働きをしてくれます。

「FK-23菌」効果は、動脈硬化だけでなく、腸内細菌叢を改善させ、体内に蓄積した有害物質を排出させたり、腸管免疫を活性化させて、癌の予防や縮小に抗がん力を発揮してくれます。
「FK-23菌」は、主治医の方が処方してくださる薬剤の効果・効能を損なわない乳酸菌サプリメントです。

プロテサン

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品