KYOTO 健康村 | 健康食品販売

寝たっきりにならない40歳からの運動機能対策

2019/02/12 記事

運動機能の低下は、「ねたっきり」の原因に・・・

運動器である骨・関節・じん帯・脊椎・脊髄・筋肉・腱、末梢神経など身体を支え動かず役割をする器官称で、これらの機能を落さないようにずるには、40歳代くらいから対策をしていくことが大切だといわれていまず。

筋力の低下については、もちろん筋肉量が減ったことの影響とも考えられまずが、そのほかにもビタミンDが不足している・ということもありまず。

筋内にとって非常に大事な役をしているのがビタミンDです。

ヒタミンDはカルシウムやリンの吸収をよくして、骨やル困に供給ずる役目を果たしでいものです。

ビタミンDを含む食品としては、魚類の他に乾したきくらげや干し椎茸などがあげられます。

筋肉細胞には活性型ビタミンD3のしセブターがあり、ビタミンDが足りなくなりますと,速く動く力、たとえば転びそうになって踏ん張るときに働く速筋が委縮して細くなって来ます。

だから、ちょっとした段差でも転んだりするようになります。

ワイデンフーズ

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品