KYOTO 健康村 | 健康食品販売

健康維持に欠かせないミネラルとは

2018/03/11 記事

ミネラルとは糖質、脂質、タンパク質、ビタミンと並ぶ五大栄養素のひとつです。代表的なものとしてカルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛などが挙げられ、約100種類もあるミネラルのうち、それらを含む16 種類がヒトにとって不可欠な“必須ミネラル”と呼ばれます。健康のためには、実はビタミンと同じくらい大切なのです。

生命維持に欠かせない必須ミネラルは、身体が正しく機能するために、一日に必要とされる摂取量は、約100mg以上が必要 です。
必須ミネラルは、カルシウム・マグネシウム・リン・硫黄・ナトリウム・カリウム・クロール・亜鉛・鉄・銅・クロム・コバルト・セレン・マンガン・モリブデン・ヨウ素です。

ミネラルとは「宝物」という意味で、ビタミン同様、ごく少量でも生体にとって欠かせない元素で、宝物と呼ばれるだけあり、私たちの精神・肉体・脳・全ての健康のために微量でもとても大切な役割をしています。
マグネシュウムが不足しますと筋肉の痙攣や収縮 ・血液循環の悪化による不整脈や頻脈 ・肥満による脂質異常症 ・神経障害 ・肌荒れや冷え ・片頭痛の症状が現れます。
カルシュウが不足しますと・骨粗しょう症 ・自律神経失調症 ・血管や筋肉障害 ・アレルギー症状の症状が現れます。

カルシウムは骨や歯を、鉄は血液(赤血球)を作り、マグネシウムはタンパク質の合成やエネルギー代謝になくてはならない存在です。このようにミネラルは、生きるために絶対に欠かせないもの。中でも、亜鉛は免疫を司る一番のミネラルであり、生殖機能にも大変重要な働きをします。また、皮膚や目の健康のためにも必須です。300種類以上の身体の働きに関係していて、健康を保つためには亜鉛の存在が必要なのです。

鉄とは、赤血球のヘモグロビンの構成成分として、全身の細胞や組織に酸素を運ぶ役割をする必要不可欠なミネラルで、吸収率は平均して約8%と吸収されにくく不足しがちなミネラルです。体内には成人男性で約4g、女性では約2.5gの鉄が存在し、その約70%は、機能鉄で血液中に存在して酸素の運搬に関わり、筋肉に存在し血液中の酸素を筋肉中に取り込む働きをしています。

鉄が欠乏すると、貧血が起こります。貧血の90%は鉄が欠乏することが原因(貯蔵鉄までもが底をついてから)で、血液中に含まれる血色素 (ヘモグロビン)量が減少して血液が酸素を十分に運ぶことができず、体が酸素不足になることで、頭痛、めまい、倦怠感、動悸、息切れ、食欲不振、疲れやすくなります。他にも、運動機能や認知機能が低下したり、体温を正常に保てなくなり、免疫機能が低下するといった症状がおこります。

カルマックスを料理に使用することによって、ミネラルやカルシュウムが簡単に補え、家族皆が健康になります。

カルマックス

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品