KYOTO 健康村 | 健康食品販売

癌ケトン食療法

2019/07/03 記事

悪性腫瘍とは、腫卯の中でも、特に浸潤性を有し、増殖・転移するなど悪性のことです。

ヒトの身体は約60兆個の細胞からなっていて、正常な状態は、細胞数をほほ一定に保つため、分裂・増殖しすぎないような制御機構が働いています。

それに対して腫瘍は、生体の細胞の遺伝子に異常がおきて、正常なコントロールを受付けなくなり、自律的に増殖するものもあります。

この腫瘍が正常組織との間に明確なしきりを作らず浸潤的に増値していく場合、あるいは転移を起こす場合を悪性腫瘍と呼ばれています。

✰ 無制限に栄養を使つて増殖するため、生体は急速に消耗する

✰ 臓器の正常組織を置き換え、もしくは圧迫して機能不全に陥れる

✰異常な内分泌により正常な生体機能を妨げる

✰ 全身に転移することにより、多数の臓器を機能不全に陥れる

通常の細胞では、酸素が十分に供給されている時は、

ATP今成のエネノレギ一効率が言いが合成速度の遅いミトコンドリアでの酸化的リン酸化でエネノLギ一生産を行い、

酸素が十分に供給されない時は、エネノレギ一効率が悪いが速度の速い解糖系によってエネルギーを得ています。

がん細胞は、酸素が十分に供給されている環境下でも、エネノレギ一効率の悪い解糖系を活性化しています。

私たち人間の生命活動は、糖質が体内で分解されてできる、ブドウ糖を主なエネルギー源にしていると長く考えられてきました。

しかし、結論から先に言えば、ブドウ糖が枯渇すると、人間の体内ではブドウ糖に代わる、緊急用のエネルギーが生み出されます。

それが、がん治療の鍵としている「ケトン体」という酸性の代謝物質です。

このケトン体は、皮下脂肪や内臓脂肪が分解されることで産生されます。

そして、正常細胞がケトン体をエネルギー源にすることができるのに対して、がん細胞は基本的にそれができません。

がん細胞には、ケトン体をエネルギーに変える酵素が欠けているからです。

がん細胞といえども、普通細胞と同様に、栄養源を絶たれれば死滅への道を辿らざるを得ないからです。


癌ケトン食療法

ケトン食療法は、「絶食や飢餓状態がてんかん発作を抑制する効果がある」という古代からの伝承に端を発しているそうで、20世紀に入り、癌治療にも採用されるようになりました。

絶食の代わりに高脂肪、低たんぱく質、低炭水化物の特殊な食事により体内にケトン体を作り出し、癌細胞を抑制するのが、癌ケトン食療法です。


筋肉を癌から守る栄養素

がんの患者の方は、糖質の摂取を抑えて、積極的にとりたい栄養素は、主にたんぱく質です。

たんぱく質を構成するアミノ酸の中には、「BCAA(分岐鎖アミノ酸)」と呼ばれるものがあります。

BCAAには、筋肉の中のたんぱく質が分解されるのを抑えると同時に、筋肉の合成を促す働きがあります。

BCAAは、まぐろやかつお、鶏肉、豚肉、牛肉などに特に多く含まれています。

ビタミンDも重要です。

ビタミンDは骨の合成を促すことが知られていますが、近年、筋肉の合成を促す作用もあることがわかってきました。

ビタミンDを豊富に含む魚介類や卵、きのこ類を、たんぱく質を含む食品と一緒にとると、相乗効果が期待できます。

がんの患者さんは、摂取エネルギー量も、健康な人に比べて1.1~1.5程度必要とします

免疫力を生菌の3倍高めるプロテサン

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品