KYOTO 健康村 | 健康食品販売

体が求める天然種子マグネシウム

2020/05/08 記事

マグネシウムは、私たちの体をつくり出すために必要な、大切な栄養成分で、マグネシウムが不足すると、体にはさまざまな不調が見られるようになります。

マグネシウムとカルシウムは、ナトリウムとカリウムのバランスを調整する役目を担っています。

このバランスが崩れたとき、高血圧などのおそろしい現代病になります。

マグネシウムの絶対量が不足すると、食事からの消化や代謝がうまくできなくなり、食欲不振、下痢やおう吐などがみられることがあります。

マグネシウムは筋肉を動かすためにも利用されています。

筋肉は、細胞内にカルシウムが流れ込むことにより、それが刺激となって収縮するようにできています。

マグネシウムが不足すると、細胞内にカルシウムが必要以上に増えてしまい、筋肉の収縮をうまくコントロールできなくなるため、けいれんやふるえなどが起こることもあります。

マグネシウムとカルシウムは、摂取する比率が重要とされており、一般的にはマグネシウム1に対してカルシウム2の摂取量が理想とされています。

マグネシウムは、たくさんの体内酵素反応に関わり、エネルギーの生成を助ける重要な栄養素です。

カルシュウム不足を補うのに、サプリやクスリをいくら摂っても、非効率で、細胞の内・外液のバランスを整える事はてきません。

マグネシウム不足による体の不調

天然の種子の中にカルシュウムだけでなく、マグネシウム・ナトリウム、カリウム、鉄など総合的に配合された理想的なミネラルバラスで、これをイオン化することで、細胞吸収できる単分子することに成功しました。

カルシウムとマグネシウムの同居・理想的なバランスで、毎日必要なものだからとりやすく・しかも消化吸収がよく・水溶性で使いやすく無限の可能性があります。

細胞は

細胞バランス

細胞外液には、ナトリウムが、内液にはカリウムが満たされています。人体の基盤である細胞は、細胞内液と細胞外液からできています。

 

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品