KYOTO 健康村 | 健康食品販売

抗がん剤による白血球減少を抑えるプロテサン

2019/10/06 記事

抗がん剤によって骨髄の機能が低下すると白血球(特に好中球)の数が減少します。

一般的に抗がん剤治療開始から1週がん後にから白血球の数が減り始め、2週間頃に最低になり、3週間くらいで回復してきます。

好中球は体内に侵入した病原菌から体をまもる働きがあるため、好中球が減少すると免疫力が低下します。

その結果、いろいろな部位(口、肺、皮膚、尿路、腸、肛門、性器など)で感染症を起こしやすくなります。

人は誰でも常在菌と呼ばれる菌を持っており、これらの菌は健康な時には問題となりません。

しかし、好中球数が減少し免疫力が低下している時には、常在菌による感染(日和見感染)を起こす可能性があるため注意が必要です。

抗がん剤の治療中は、手洗い・うがいをする、人混みを避ける、マスクをするなどの感染症対策を行いましょう。

白血球減少わ抑制するフェカリス菌

乳酸菌には、免疫(病気から体を守るしくみ)を担う血液中の白血球を強化し、病気や老けを退ける強力な働きがあります。

しかし、乳酸菌と一口でいっても、球菌や桿菌などさまざまな種類があります。

そうした中で、最近、白血球を強化する働きが科学的に実証されて、特に話題になっているのが、エンテロコツカス・フェカリス菌です。

フェカリス菌は、腸球菌の一種で、腸管の中でも小腸に多く住み着いている乳酸菌です。

研究者の間では、以前からフェカリス菌は白血球を強化する働きがあると考えられてきましたが、最近になって、その効果が非常に大きいことがわかってきたのです。

ここでは、帝京大学や薬学部教授の山崎正利博士がフェカリス菌の死菌を使って行った研究を紹介しましょう。

フェカリス菌といっても、実はいくつかの種類があるため、どのフェカリス菌をとっても同じ効果が得られるというわけではありません。

例えば、人間の中にも元気のいい人と悪い人がいるように、菌の中にも元気のいい菌と悪い菌があるのです。

また、菌の質は、菌を培養(育てて増やすこと)するときの培地(菌を増やす畑のこと)の質と大きく関係しています。

つまり、元気のいい菌だけを選んで良質の培地で増やしたフェカリス菌は、質が大変いいため、白血球を強化する効果が非常に大きのです。

プロテサンは、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富なフェカリス乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、主治医にしかられなく病院の治療の内容にかかわらず食べれ、病気と闘っている方の強い味方になっくれます。

FK-23菌

 

免疫力の強さが、癌のさまざまな症状に効果を発揮してくれます

抗癌剤治療をしますと,その副作用で白血球が減少します。

すると、さまざまな病気に対する抵抗力が低下し、癌以外の病気になる危険性が高まります。

FK-23菌は、白血球の減少を抑制してくれます。

FK-23菌は、癌細胞の増殖・転移を抑えてくれます。

基礎的・臨床なデーターが豊富病院の治療の内容にかかわらず食べられます。

プロテサンを医者が薦めるのは

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品