KYOTO 健康村 | 健康食品販売

花粉症の誤作動免疫システムから治す

2020/02/20 記事

花粉症は、免疫の誤作動によって起きる病気で、日本国民の30%以上の方が、アレルギー性疾患を抱えています。

子供も例外でなく、9歳までの子供さんの40%がなんらかのアレルギー症状になっています。

花粉症は、花粉が増えたことよりも、体がキレイになり過ぎたことと、体内にクスリや添加物などの化学物質が蓄積していることです。

花粉症症状を抑えるのに、サプリや目のかゆみ抑える花粉症目薬、花粉症頭痛などがあります。

これらは、症状を抑える対処療法で、根本から治しきれなく、毎年、毎年、花粉症に悩まされる事になります。


花粉症を断ち切る為に、お腹の中から変えることで、花粉症になっている方は、持病があったり、毒素が溜まっていたりしていて、免疫バランス状態が悪い為に、他の病気にもなりやすい体質となっています。

元の体質に戻す為に、乳酸菌や食物繊維を摂り、腸内環境を改善し、体内に蓄積している毒素を出すことで、あらゆる病気を遠退ける治癒力が戻ってきます。


アレルギーの解明が進み、腸内細菌と免疫の関係が注目されされています。

腸内には善玉菌と悪玉菌が生息し、常に双方が勢力争いを起こしています。

悪玉菌は、動物性脂肪・動物性たんぱく質を大好物としています。

これらを多くとり悪玉菌の勢力が拡大すると、人間にとって有害な成分が腸内にあふれ、腸内が腐敗し、免疫力が低下し、その害は全身におよび、アレルギー、病気、老化を促進させます。

アレルギーの方の腸内には、乳酸菌が少ないともいわれ、乳酸菌を増やせば、免疫反応のバランスが整い、アレルギーの発症を抑えることが期待できるのです。

また、一口に乳酸菌といっても種類はいろいろあります。

アレルギー疾患に強い効果があるのは、免疫バランス改善力を持った特定のLFK乳酸菌です。

この種類の乳酸菌には、体内の免疫バランスを整え、体の内側から免疫力を高めることで、根本的なアレルギー体質の改善が期待できます。

対症療法ではない身体の内側からのアレルギー等の体質改善を促します。


花粉症を緩和するエンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFK

チサフェルナは、エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKで、抗アレルギー用途特許を取得したサプリメントです。

エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、他の乳酸菌と違う大きな特徴は、死菌体で小さく、加熱殺菌されてもので、大量の乳酸菌摂取が可能です。

エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKは、殺菌されていても、免疫向上効果を損なわず、生菌の3倍免疫力が高まります。

生菌は、一度に摂取できる乳酸菌の量に限界があり、多くても100億個~400億個しか取れませんが、加熱処理したエンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物LFKだと一度に2兆個の摂取が可能です。

悪玉菌は、物動性脂肪・動物性たんぱく質を大好物で、乳製品を断つのも、花粉症やアレルギーから抜け出す近道です。


チサフェルナは、抗アレルギーの働きがある乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23菌抽出物が使用されています。

チサフエルナは、カラダの環境を整えて内側からの美しさと健康を望まれる女性や花粉症や鼻炎で悩んでいる方、身体の中から元気になりたい方々、健康維持を目的とする方、過敏な方、すこやかに成長されるお子様など、あらゆる方々に幅広くご愛用いただけます。

KYOTO健康村TOP

花粉症サプリ・チサフェルナ

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品