KYOTO 健康村 | 健康食品販売

ウイルス感染を防ぐLFK乳酸菌

2020/12/09 記事

ウイルスによる肺の炎症を抑制して新しい肺胞上皮細胞を増殖させるに乳酸菌 をニチニチ製薬と北海道大学との共同研究で特許を取得しています。

肺尖はガン、心疾患に次いで日本人の死因上位を占める恐ろしい病気です。

原因はインフルエンザやマイコプラズマ、最近では新型コロナなどのウイルス感染が挙げられます。

LFKが肺炎の重症を防ぐのにどのような効果をもたらすのか、北海道大学の 宮崎教授に詳しくお聞きしました。

インフルエンザウイルスが肺に入ると、酸素と二酸化炭素を交換する肺の上皮細胞が破壊されます。

そのまま放置すると肺炎となり、肺胞が死滅して肺機能が衰え、呼吸できなくなって死に至る、ということになります。

LFKを摂りますと、 肺胞が破壊されることを抑えて肺胞の死減を防ぎ、肺炎の進行を制御することと、新しい肺胞上皮をつくり出す働きです。

肺胞上皮細胞が死滅して肺胞が少なくなっても、LFKは新な肺胞上皮細胞の増殖を促し、肺機能を蘇らせます。

このように、LFKにはインフルエンザウイルスが肺に侵入しても肺胞の死滅を防ぎ、さらにほ肺胞を新たにつくり出すという、両方の効果があるのです。

もし肺炎にかかっても、重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。

インフルエンザの季節は、コンビニやスーパーでヨーグルトドリンフが売切れることもありますが、
LFKのほうが予防効果はずっと上だと思っています一。

LFKの摂取方法のおすすめは、 インフルエンザが流行とする、最低でも1ヶ月前くらいから摂取することです。

できましたら1年中ずっと摂取することです。

免疫力がアップしますから、インフルエンザだけでなく、いろんな病気に強い体になります。

慢性 閉塞肺疾患疾奉にも効果が望める可能性は大!

花粉症サプリ

                小売希望価格  9.000円+税

 

数量:  

お支払い・送料・詳細について

チサフェルナLFK乳酸菌含有量(1包)2兆個・ヨーグルト 200㍑分相当

まとめ買い・継続ご購入の方は、お気軽にご相談ください。

1箱30包入り。飲みやすい顆粒状です。美容に関心の高い方々、季節や環境に敏感な方々にお薦め食品で、1日1~2包を目安に、水などと一緒にお召し上がりください。保管方法高温多湿、直射日光を避けて冷暗所で保存してください。

原料成分乳酸菌抽出物、ブドウ糖、コーンスターチ、マルチトール、ビオチン含有酵母、サトウキビ抽出物(一部に卵を含む)

栄養成分(1包当たり)熱量 5.6kcal、たんぱく質 0.38g、脂質 0.023g、炭水化物 0.96g、食塩相当量 0.0020g、カリウム 18mg、ビオチン 250μg内容量45g(1.5g×30包)使用方法(飲み方・食べ方)

 

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品