KYOTO 健康村 | 健康食品販売

抗がん剤副作用を緩和する濃縮乳酸菌

2018/01/11 記事

「抗ガン剤」と聞いてすぐ頭に浮かぶのは「副作用ばかりが強くて効果がない」ということかもしれません。例にあげた風邪薬は、大半の人でよく効いて薬物有害反応がほとんどありませんので、効果と薬物有害反応のバランスがとれていますが、抗がん剤の場合は、普通の薬と違って副作用があり、非常に使いにくい薬で、治療を受ける側にとっては困った薬であるといえます。

抗ガン剤の副作用が他の薬に比べて非常に強く、悪心、嘔吐、脱毛、白血球減少、血小板減少、肝機能障害、腎機能障害などの症状があらわれます。

抗ガン剤には、ガン細胞を死滅させるとともに正常な細胞をも傷害させてしまうという作用(副作用)があります。理想的な抗ガン剤は、ガン細胞だけに作用して正常な組織には作用しないという薬ですが、残念ながらそのような薬は現在のところ存在しません。

抗ガン剤の副作用によって、白血球減少により感染症で亡くなられる方もいます。副作用を覚悟で抗ガン剤を投与しても、効果がほとんど現われなかったという場合もあります。打つ手がない場合に、抗ガン剤を使用している場合もあります。

抗ガン剤の副作用によって、体重減少や食欲減退、睡眠障害などが起こり、ついには病気と闘う意欲まで失ってしまう場合があります。

抗ガン剤の副作用は深刻な問題ですが、決して全否定すべきものでなく、機能性食品とタッグを組んで、ガンに効果を発揮する場合も多々あります。抗ガン剤治療を受ける前に医師に自分のガンにどの抗ガン剤が本当に有効なのかをチェックすることが重要です。

アメリカ・カナダの医療

アメリカでは1980年から、癌の取り組み方が変わりました。それまでは年々増大する癌の医療費にアメリカ政府の予算が追い付かないくらい膨らんできました。

この事態にアメリカでは危機感を感じ、政府主導の元、ガン撲滅作戦を展開したのです。その結果わかったことは、手術や抗癌剤治療では癌を撲滅できない事が分かりました。

特に抗癌剤治療は癌を治療できないばかりか、返って酷くなると発表されました。抗癌剤治療は確立の悪い、命を懸けたギャンブル、有効率は160人中、たったの6名といわれています。

マクガバンレポートにより、食生活の改善を中心とした、代替え医療が最も有効であるとの結論に達しました。1980年から代替え医療が国家的規模で行われた結果、癌の死亡率が下がりはじめ、今では年々低下しています。

これに追随して、ドイツ、イギリス、カナダ、でも代替え医療にシフトを転換したことで、欧米では癌の死亡率が低下してきたのです。

カナダでは癌に対する最も多い治療は『何もしない』22%となりました。最近では『無治療』何もしない治療が、最も治りやすいことが分かってきたと言います。

カナダでは手術は6%、日本はそれに対して17倍。

カナダの抗癌剤治療は5%、日本は20倍。 

カナダの手術と抗癌剤併用は3%、日本は33倍になっています。

抗がん剤副作用を緩和

近年の研究で、抗ガン剤による副作用を軽減する目的で、乳酸菌を用いると、疼痛の軽減、食欲や睡眠の改善、体重の維持、意欲の増進等の効果があることが明らかになってきました。

抗がん剤副作用は、免疫力の状況によって異なってきますが、免疫力が高い人は、副作用が少なく、免疫力が低い人ほど、副作用が強く現われ、痩せている人より、太ったひとの方が抗がん剤副作用が少ないと言われています。

乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23は、ガン細胞を攻撃する力を高めると同時に、抗ガン剤に見られる副作用を軽減緩和すること明らかになっています。

抗がん剤治療を受ける前から、乳酸菌エンテロコッカス フェカリスFK-23を飲用して、腸内環境を整えて、免疫力を高めるて、副作用を少なくしましょう。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品