KYOTO 健康村 | 健康食品販売

医者も勧める抗がん剤副作用を緩和する濃縮乳酸菌

2021/03/30 記事

元日本薬剤師会の会長が退任時に「患者よ、クスリを捨てなさい」「クスリは毒で、飲んでも病気は治らない」「病気はクスリでつくられる」クスリの副作用でうつ病が増えたことを話されたそうです。

 

在職中は黙っていて、自分は飲まないクスリを患者には飲ませているのです。

 

「毒薬」「劇薬」指定のクスリは、4000種類以上あるそうです。

 

毒薬とは、体重1㎏に対して0.5mgの注射をすると死亡するクスリ。

 

劇薬は、 体重1㎏に対して200mgで5割以上死ぬクスリのことです。

 

抗がん剤の多くは、毒薬指定になっているそうです。

 

抗がん剤は、農薬を体に散布しているようなものです。

 

健康な人でも投与し続けると、正常な細胞は、どんどん死滅します。

 

クスリは、「自然に治る力」を弱らせます。

元日本薬剤師会の会長が退任時に「患者よ、クスリを捨てなさい」「クスリは毒で、飲んでも病気は治らない」「病気はクスリでつくられる」クスリの副作用でうつ病が増えたことを話されたそうです。

 

在職中は黙っていて、自分は飲まないクスリを患者には飲ませているのです。

 

「毒薬」「劇薬」指定のクスリは、4000種類以上あるそうです。

 

毒薬とは、体重1㎏に対して0.5mgの注射をすると死亡するクスリ。

 

劇薬は、 体重1㎏に対して200mgで5割以上死ぬクスリのことです。

 

抗がん剤の多くは、毒薬指定になっているそうです。

 

抗がん剤は、農薬を体に散布しているようなものです。

 

健康な人でも投与し続けると、正常な細胞は、どんどん死滅します。

 

クスリは、「自然に治る力」を弱らせます。

元日本薬剤師会の会長が退任時に「患者よ、クスリを捨てなさい」「クスリは毒で、飲んでも病気は治らない」「病気はクスリでつくられる」クスリの副作用でうつ病が増えたことを話されたそうです。

 

在職中は黙っていて、自分は飲まないクスリを患者には飲ませているのです。

 

「毒薬」「劇薬」指定のクスリは、4000種類以上あるそうです。

 

毒薬とは、体重1㎏に対して0.5mgの注射をすると死亡するクスリ。

 

劇薬は、 体重1㎏に対して200mgで5割以上死ぬクスリのことです。

 

抗がん剤の多くは、毒薬指定になっているそうです。

 

抗がん剤は、農薬を体に散布しているようなものです。

 

健康な人でも投与し続けると、正常な細胞は、どんどん死滅します。

 

クスリは、「自然に治る力」を弱らせます。

抗がん剤の場合は、普通の薬と違って副作用があり、治療を受ける側にとっては困った薬です。

#抗ガン剤副作用 #が他の薬に比べて非常に強く、悪心、嘔吐、脱毛、白血球減少、血小板減少、肝機能障害、腎機能障害などの症状があらわれます。

抗ガン剤には、ガン細胞を死滅させると共に正常な細胞をも傷害させてしまうという副作用があります。

理想的な#抗ガン剤 #は、ガン細胞だけに作用して正常な組織には作用しないという薬ですが、残念ながらそのような薬は現在のところ存在しません。

抗ガン剤の副作用によって、体重減少や食欲減退したり、睡眠障害などが起こり、病気と闘う意欲まで失ってしまう場合があります。

抗がん剤はもともと毒物ですから、副作用というか、調子が悪くなるのは当然です。

「抗がん剤で体調が良くなった」と言う人はない筈です。

「抗がん剤」というネーミングは、見事だと思います。

もし「抗がん毒」であれば、今ほどは使われなかったでしょう。

がんをやっつける、という目的のために正常細胞が犠牲になるのです。

副作用が前面に出て悩んで来られる人には、とりあえず「抗がん剤を休む」ことも必要かもしれません。

抗がん剤副作用 緩和する濃縮乳酸菌FK-23

抗がん剤の治療前に、医者が勧めるプロテサンは、免疫力を高めて、副作用を軽減し、抗ガン剤の効果を高める乳酸菌食品です。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。

しかし、その免疫細胞の7割くらいは休息中です。

FK-23乳酸菌を摂取しいますと、FK-23乳酸菌が休眠中の免疫細胞を刺激し餌となり、それによって、免疫細胞が活性化して、免疫力が強くなります。

FK-23は、ガン細胞を攻撃する力を高めると同時に、抗ガン剤に見られる副作用を軽減緩和して、痛みの緩和、食欲や睡眠の改善、体重の維持、意欲の増進等の効果があることが明らかになっています。

プロテサンの主成分の濃縮乳酸菌FK-23は、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べて頂けます。

抗がん剤治療前に、濃縮乳酸菌FK-23を摂取しますと、善玉菌が増え、腸環境が整って、免疫力が高くなり、抗がん剤の副作用を緩和、整腸作用、細菌やウイルスの感染予防、ウイルス性肝炎、抗腫瘍・癌による毒性軽減作用や抗がん剤などの白血球の減少抑制に期待できます。

健康を快復する為には、1日に1兆個以上の乳酸菌を補うことが必要です。

排便しますと約1兆個知要内菌が排泄されますので、健康を取り戻すには、それ以上に補う必要があります

ヨーグルトで1兆個を摂ろうとすれば、約100㍑食べる必要があり、毎日食べ続けていれば、糖分過多になったり、高カロリー高タンパクの摂り過ぎになり、新たな病気が発症してしまいますが、プロテサンS1包で4兆個接種できます。

ヨーグルトなどの生菌は、約72時間で便と一緒に排泄されてしまいますが、プロテサンの場合は、人に棲んでいる菌ですから、常在菌の層に長期に定着して、善玉菌を増やすことができます。

乳酸菌を補って、細胞膜を鍛えてマクロファージを強くすれば、癌だけでなく細菌やウイルスも跳ね返してくれます。

プロテサン効果を高める為にミネラルの補給をお勧めします。

細胞膜のミネラル不足しますと、細胞バランスの崩れや酸化による細胞の損傷し、癌が発症の要因になっています。

癌は正常な細胞を押し分けて広がって行きますので、細胞膜を強くするには、蛋白質を摂りましょう。

たんぱく質は、20種類のアミノ酸からできていて、その内の9種類が体内で作ることができませんので、他から補ってください。

癌の原因は、腸内環境の乱れによっての血液の汚れと、細胞のミネラル不足によるもので、カルマックスの主成分の水溶性イオン化カルシウムは、天然の種子からつくられ、その種子には、カルシウムだけではなく、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、鉄などが総合的に配合された理想的なミネラルバランスかあります。

それをイオン化して、細胞吸収できるようにしたのがカルマックスです。

水溶性カルシュウム

 

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品