KYOTO 健康村 | 健康食品販売

抗がん剤の副作用を緩和する濃縮乳酸菌FK-23

2019/02/07 記事

癌を克服する為には、細胞膜が必要とする栄養素を摂り、乳製品を控えて、濃縮乳酸菌を補って善玉菌を増やし、体を冷やさないように心がけましょう。

「抗ガン剤」と聞いてすぐ頭に浮かぶのは、「副作用」ということかもしれません。

抗がん剤の場合は、普通の薬と違って副作用があり、治療を受ける側にとっては困った薬であるといえます。

抗ガン剤の副作用が他の薬に比べて非常に強く、悪心、嘔吐、脱毛、白血球減少、血小板減少、肝機能障害、腎機能障害などの症状があらわれます。

抗ガン剤には、ガン細胞を死滅させるとともに正常な細胞をも傷害させてしまうという副作用があります。

理想的な抗ガン剤は、ガン細胞だけに作用して正常な組織には作用しないという薬ですが、残念ながらそのような薬は現在のところ存在しません。

抗ガン剤の副作用によって、体重減少や食欲減退します。

睡眠障害などが起こり、病気と闘う意欲まで失ってしまう場合があります。

抗ガン剤の副作用は深刻な問題ですが、近年の研究で、抗ガン剤による副作用を軽減すのに乳酸菌を用いると、痛みの緩和、食欲や睡眠の改善、体重の維持、意欲の増進等の効果があることが明らかになっています。

濃縮乳酸菌FK-23は、ガン細胞を攻撃する力を高めると同時に、抗ガン剤に見られる副作用を軽減緩和が期待できます。

抗がん剤治療を受ける前から濃縮乳酸菌FK-23を飲用し、善玉菌を増やして腸内環境を整えることが大切です。

免疫力が高ければ、抗がん剤の副作用を緩和が期待できます。

プロテサンの主成分の濃縮乳酸菌FK-23は、基礎的・臨床なデーターが豊富で、病院の治療の内容にかかわらず食べて頂けます。

FK-23は、免疫のを強化すると共に免疫のバランスを取りますので、整腸作用は勿論の事、細菌やウイルスの感染予防、ウイルス性肝炎、抗腫瘍・癌による毒性軽減作用や抗がん剤などの白血球の減少も抑制にも期待できます。

一度排便しますと、約1兆個の腸内菌が排泄されますので、健康快復・増進する為には、毎日1兆個以上の乳酸菌が必要です。

ヨーグルトなどで1兆個以上を摂ろうとすれば、100㍑のヨーグルトが必要です。

毎日、ヨーグルトを食べ続けていれば、糖分過多になったり、高カロリー高タンパクの摂り過ぎになり、新たな病気が発症します。

ヨーグルトなどの生菌は、約72時間で便と一緒に排泄されます。

プロテサンは、一度に数兆個の乳酸菌が摂取でき、常在菌の層に定着して常在菌を増やすことができます。

乳酸菌の菌数が多いほど、免疫細胞が活性化されて、治癒力・免疫力がUPできます。

細胞膜を鍛えれば、癌だけでなく細菌やウイルスも跳ね返してくれます。

細胞膜のミネラル不足による細胞バランスの崩れや酸化による細胞の損傷によって、癌が発症の要因になっています。

癌は正常な細胞を押し分けて広がって行きます。

細胞膜を強くするには、蛋白質をしっかり摂りましょう。

たんぱく質は、20種類のアミノ酸からできていて、その内の9種類が体内で作ることができませんので、他から補ってください。

プロテサン 甲状腺がん体験談

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品