KYOTO 健康村 | 健康食品販売

自覚症状がなく命に関わる腎臓病

2018/11/18 記事

腎臓病は、日本人に増えている病気でのひとつです。

急性の症状が現れて発見されるケースもありますが、多くは自覚症状がなくいつの間にか悪化しています。

高血圧や糖尿病といった腎臓の機能低下を招く病気が増加しており、これも腎臓病患者の増加に大きく影響しています。

腎臓の機能が衰えると、全身に影響が及びほかの病気を招く可能性が高くなりまから、腎臓病の原因や経過を前もって知っておけば、いざというとき、適切な対処ができます。

痛風
痛風の原因は生活習慣が影響が大きく、プリン体を多く含む食品である肉、魚、甲殻類、アルコール特にビールのとり過ぎが挙げら、男性に多い病気で、尿路結石や腎臓結石ができやすく、尿路結石では背中や腹部の痛み、血尿が現れることがあります。

急性腎障害
腎機能が急激に(数時間から数週間で)低下し、命関わることもあります。
そのため、むくみ、食欲低下、全身倦怠感、けいれんなどの症状があらわれ、尿の量が極端にへってしまうこともあります。

糖尿病性腎症
糖尿病は、血糖値が高くなる病気で、インスリンが十分機能せず、高血糖値の状態が続くので、やがて血管の内壁が傷ついてしまいます。

その他にも慢性糸球体腎炎・高血圧性腎硬化症・多発性嚢胞腎・腎盂腎炎・悪性高血圧・急速進行性糸球体腎炎・ループス腎炎などの病気になります。

プロテサン効果

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品