KYOTO 健康村 | 健康食品販売

ドイツやフランスの関節リウマチコラーゲン治療

2019/12/24 記事

関節リウマチは、関節に炎症が起き、痛みや変形が生じる疾患です。

関節は「滑膜」という薄い膜に包まれていますが、この滑膜に慢性的な炎症が起こり、炎症が進行すると滑膜が異常に増殖し、骨が破壊されて関節の変形を引き起こしてしまいます。

ひどくなると日常生活にも大きな支障をきたします。

男性より女性に多くみられ、どの年代にも起こりますが、30~50代での発症が多いのが特徴です。

関節リウマチは、自分を守ってくれるはずの免疫が誤作動を起こし、自分の関節滑膜を攻撃してしまう「自己免疫疾患」です。

自分の免疫が自分を攻撃する理由は完全には明らかになっていませんが、最近の研究で関節リウマチの発症に関連する遺伝子がいくつも見つかっています。

遺伝子を持っているからといって、必ず発症するわけではありません。

特定の遺伝子を持った人に、妊娠や出産、感染症、更年期、喫煙、歯周病など、なんらかの外的要因が加わることで、関節リウマチを発症するのではないかと考えられています。


慢性関節リウマチは、免疫異常によって、関節軟骨に含まれるコラーゲン等の合成と分解のバランスが崩れることによって、起こるとされています。

そこで関節の若さを保つためにもコラーゲンの積極的な補給が望まれます。

実際に、ドイツやフランスの病院では関節炎やリウマチの治療薬としてコラーゲンが用いられているのです。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品