KYOTO 健康村 | 健康食品販売

だるい、疲れる

2018/11/29 記事

だるくて疲れがとれないと、症状を訴える女性の悩みは、大変よく聞かれる症状で、発熱があるかどうかを必ず確認してください。発熱がある場合と、ない場合では、疑う疾患が異なります。

体重の変化・食欲不振・睡眠障害・口の渇きや多飲・息切れや動悸・便通異常・月経異常などがないかを確認しましょう。

貧血・糖尿病・肝障害・心不全・腎障害・甲状腺などはないかを病院で確認しましょう。

発熱のないだるさの原因として遭遇する頻度の多い順に、貧血、糖尿病、肝障害、心不全、腎障害、甲状腺などが挙げられます。

更年期以降の女性では、糖尿病が多く、空腹時血糖だけでは見逃されることがあります。

内科的に異常がない場合は、過労や睡眠不足・ストレス・更年期症状などがないでしょうか。

自律神経のバランス異常が、だるい、疲れるの原因であることもあります。

それらが引き金になり、ウツ症状をきたしている場合あります。

見逃されやすいものとして、いびきや睡眠時無呼吸症候群による自覚のない慢性睡眠不足を原因としただるさもありますので、いびきの有無も確認します。

更年期障害や過敏性腸症候群、線維筋痛症の症状のこともあります。

これらの最高の治療は、最先端の治療剤でなく、自分自身に存在している「免疫」「治癒力」です。

「免疫力」や「治癒力」は、大金をはたいても、最高の医療を受けても、高価な薬をつかっても手にいれることはできませんが、「免疫」「治癒力」をつくり出す栄養分が必要です。

「免疫」「治癒力」をつくり出す健康食品やサプリメントは、活性酸素を抑制できたり、薬物や農薬、食品添加物、環境汚染物質を解毒できたり、血液をサラサラにしたり、代謝を高めてくれる働きが備わっているのが最高のサプリや健康食品です。

モリンガには、人にとって大切な栄養素が50種類以上、豊富に含まれていて、とくにビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれているのが特徴で、地球上で知られる約10万種もの可食植物の中で、最も高い栄養価を含んでいるといわれ、たんぱく質を主成分(30%)に、食物繊維(26%)と、たぐいまれな程の多くの栄養素をバランスよく含むのが特徴です。

確認されている種類は、約50種以上の栄養価と、300種の薬効。46種類の抗酸化物質、36種類の抗炎症物質、19種類のアミノ酸、オメガ不飽和脂肪酸が含有されます。

人間が吸い込む酸素からも生まれる「活性酸素」、これが身体の細胞をサビさせ、数々の病気を引き起こします。

活性酸素が引き起こす病気は、アルツハイマー病、脳卒中、心筋梗塞、免疫低下、動脈硬化、高血圧、シミしわといった加齢に伴う皮膚変化などがあります

デトックス作用

私たちの身の回りには薬物や農薬、食品添加物、環境汚染物質など健康を脅かす有害物質、これらが体内に入り込むことが心臓病、脳卒中などの病気を引き起こす要因の一つとなっています。
これらの有害物質を除去する働きが「デトックス作用」といい、肝臓の解毒の働きを高めことで、有害物質や病気のもとになる異常物質を体の外へ排出します。

血液サラサラ作用

血液がドロドロのままだと血の塊(血栓)ができやすい状態で、血栓が心臓や脳の血管を塞いでしますと心筋梗塞や脳卒中といった重大な病気を引き起こしてしまいます。これらを予防するには、血液をサラサラに保ち、血栓をできやすくする動脈硬化の進行を遅らせることがポイントです。

h4>代謝アップ作用

モリンガには体脂肪の代謝を高め、燃焼を高める作用があり、肥満を抑制してくれます。

ダイエットはカロリーのコントロールが大事と思われがちですが、実は血糖値のコントロールも大切です。

奇跡呼ぶモリンガ

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品