KYOTO 健康村 | 健康食品販売

善玉菌を増やすプロテサン

2022/03/01 記事

腸は栄養素を体に取り入れるために重要な器官。胃から消化されて腸へ運ばれてきたものをなんでも吸収するのではなく、有害物質と栄養をきちんと選別し、人に有益な栄養を取り入れ、有害なものは便として排出する役割を担っています。

そのため、腸や腸内環境にトラブルがあると、毎日しっかり食事をしていても栄養が体にうまく吸収されず、貧血になったり、骨密度が低下したり、低栄養が起こりやすくなるのです。

人の体は栄養をもとに作られるため、腸からの栄養吸収がうまくいかなければ、免疫力も低下します。

それによって、さまざまな不調が引き起こされ、疾病リスクも高まってしまうのです。

私たちの腸内には、100兆個もの菌が棲みつき、『腸内フローラ』という集団を形成しています。

しかし、人の体に棲んでいる善玉菌は加齢とともに減少し、生後数日の赤ちゃんでは善玉菌が90%、3才では70%になりますが、大人になると20%まで減少してしまいます。

これらの菌の多様性とバランスを保つことが、腸内環境を良い状態にする近道です。

腸内フローラが乱れる原因は、疾病のほか、生活習慣の乱れや加齢、ストレスなどさまざま。

偏った食事でも乱れに繋がるため、バランスの良い食事を心がけ、腸内フローラの善玉菌を増やすような食生活が肝心です。

善玉菌を含む、体に良い働きをする『プロバイオティクス』と、その善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖といった『プレバイオティクス』の両方を意識しましょう。

これらをセットで摂ることを『シンバイオティクス』と呼び、より効果的に腸内フローラを整えるためのポイントになります。

ちなみに、プロバイオティクスには、よく聞く乳酸菌やビフィズス菌のほか「酪酸菌」があげられ、腸活の新常識として注目を集めています。

高濃度・良質の濃縮乳酸菌を1日4兆個摂って、癌を撃退縮小しましょう。

高濃度で良質な乳酸菌を摂ることで、腸内環境が整い、善玉菌か優勢になります。

私たらの腸の中には、さまざま種類の腸内細菌がたくさん棲みついて、その数は100兆個にも及びます。

私たちの体を構成する腸内細胞の2倍近くも多く、体内に存在ていることになります。

腸内細菌は、肉眼で見ることができないほど小さな存在ですが、100兆個もあつまると、私たちの健康を左右する力を持っています。

腸内細菌は、およそ500種類が確認されています。

働きや人間の体に対する影響という点で分類すると、乳酸菌などの「善玉菌」、ウヱルシュ菌などの「悪玉菌」そしてどちらにも屈さ属さない「日和見菌」に分けられます。

腸内細菌の割合は通常、善玉菌と悪玉菌がそれぞれ約15%ずつ、日和見菌が70%程度とっています。

善玉菌には 、ビタミンやたんぱく質の合成、消化吸収の補助、病原菌の増殖抑制など、健康の維持や増進に役立つ働きがあります。

悪玉菌はアンモアや、フェノール、インドールなど、アルカリ性の有害物質を作り出し、私たちの健康に対し悪影堺を与えます。

腸内細菌の最大勢力である日和見菌は善玉苗と悪玉薗のうち、力の強い腸内細菌の加勢をする・性質があります。

善玉菌の働きが悪玉菌より少しでも強くなれば、日和見菌は善玉菌と同じ働きをするようになります。

腸内環境が悪化した状態というのは、悪玉菌に対して善玉菌が劣性になっていることです。

悪玉菌の増加に伴って増えた有害物質が腸管から吸収されて、がんなどの重篤な病気にも冒されてしまう可能性があります。

腸内で善玉菌が優勢な状態を保つのに最適な方法は、良質で高濃度の乳酸菌を摂ることです。

濃縮乳酸菌を日常的に摂って善玉菌優位の腸内環境にしておげば、がんなどさまざまな病気の予坊や改善につなげることができます。

濃縮乳酸菌に含まれているFK-23菌は、北海道大学岡山大学、帝京大学医学部などが行った研究で、優れた働きが確認されています。

がん縮小作用

女性のがん患者数の第1位である乳がんは、早期の段階では自覚症状に乏しく、病期の進た行とともに乳房にしこりや湿疹ができやすくなります。

乳がんは脳や肺などに転移しやすく、40~50代の比較的若い世代に発症しやすいのが特徴です。

乳がんは治療が遅れて症状が進むと、手術によつて女性の象徴ともいえる乳房を切際する場合もあり、精神面にも大きな影響を及ぼします。

濃縮FK-23酸菌は、乳がんに対しても治療効果の向上が期待できます。

マウスに乳がん細胞を植付けて行った動物実験では、普通のエサのみを与えたマウスに比べて、FK-23菌を投与したマウスの乳がんは顕著に縮小したことが確認されています。

動物実験の結果を証明するように、濃縮乳酸菌を飲むことで乳がんや乳がん以外のがんも改善それます。

抗がん剤治療

多くのがんに対する有効性が確認されているシスプラチンは、抗がん剤治療の中心的な役割を果たしています。

抗がん剤はがんを縮小させる働きがある一万で、食欲不振や倦怠感、吐き気、脱毛などの副作用を招きます。

特にシスプラチンは、腎機能障害の原因になりやすいことが確認されています。

抗がん剤治療は一定のがん縮小作用が期待できる一方、副作用を招いて生活の質を著しく低下させてしまうおそれもあるのです。

濃縮乳酸菌には抗がん剤の副作用を軽減させる働きが期待でます。

例えば、マウスにシスプラチンを投与してから濃縮乳酸菌FK-23菌を与えた実験では、重篤な制作用である腎機能障害を抑えることができました。

乳酸菌の摂取が健康維持に役立つことは、常識になりつつあります。

さまざまな乳酸菌があるなかで、濃縮乳酸菌に含まれるFK-23菌は、免疫力の増強のみならず、抗がん剤の指標とされる白血球の数を増やしたり、病原菌の感染を防いだりすることも研究によって実証されています。

いま受けているがん治療に悩んでいる人はもちろん、免疫力が低下して感染症が心配ながん患者さんや高齢者に
とって、濃縮乳酸菌は欠かせない存在といえるでしょう。

善玉菌のエサになりやすい、海藻類などの水溶性食物繊維

リンゴ、キウイ、イチゴ、わかめ、アボカド、ニンジン、大根など、水溶性食物繊維を含む食材は、善玉菌のエサとなるプレバイオティクス。

水溶性食物繊維は「酪酸菌」のエサともなってくれるため、普段の食事からはなかなか直接摂りづらい酪酸菌を育てるために意識したいものです。

大根とわかめのお味噌汁などにすることで、発酵食品である味噌も摂れます。

また水溶性食物繊維は、糖質の吸収を穏やかにして血糖値の急上昇を防いだり、コレステロールを吸着して体外に排出する働きもあります。

免疫細胞は、体内で発生したガン細胞や外から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視し撃退する自己防衛システムのことて、免疫細胞の全体の約6~7割は腸に棲んでいます。その免疫細胞は、7割くらいは休息状態です。プロテサンを摂取しますと、休眠中の免疫細胞の餌となることで、休眠中の免疫細胞か目覚して活性化されることで、免疫力や治癒力が高まります。

プロテサンは、ヨーグルトなどの菌体と違って、特殊加工熱処理された死菌体の乳酸菌で、その濃縮乳酸菌は、傷ついた血管を修復し、脳梗塞や心筋梗塞を予防するなど、世界でも類のない乳酸菌で、動脈硬化の予防・改善し、血圧の正常化にはたらいてくれます。

健康維持するためには、1日に1兆個の乳酸菌を摂り込みましょう。

プロテサンr45包

プロテサンg45包
プロテサンB45包
含有乳酸菌数
1包中3千億個
税込価格  4.860円
数量:
プロテサンR45包
含有乳酸菌数
1包中1兆個
税込価格 11.385円
数量:
プロテサンG
乳酸菌含有数
1包中2兆個
税込価格  19.800円
数量:
プロテサンs45包 プロテサンb100包 プロテサンr100包 
プロテサンS45包
乳酸菌含有数
1包中4兆個
税込価格  37.125円
数量:  
プロテサンB100包
乳酸菌含有量
1包中3千億個
税込価格  11.000円
数量:
プロテサンR100包
乳酸菌含有数
1包中1兆個
税込価格 25.300円
数量:
プロテサンg100包 プテサンs100包

花粉症サプリ

プロテサンG100包
乳酸菌含有量
1包中2兆個
税込価格  44.000円
数量:
プロテサンS100包
乳乳酸菌含有量
1包中4兆個
税込価格 82.500円
数量:
チサフェルナ
LFK乳酸菌含有量
1包2兆個
税込価格  9.900円
数量:

お支払い・送料・詳細について

定期購入・まとめ買いの方は、お気軽にご相談ください。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品