KYOTO 健康村 | 健康食品販売

免疫力が3倍高まるプロテサン

2021/01/26 記事

ヒトの腸管内には多くの腸内細菌が共存し、バランスのとれた腸内細菌叢が腸管の免疫系を適切に活性化することで私たちの健康が維持されています。

ヒトの腸管内には500~1000種類、総数100兆個にも及ぶ腸内細菌が共存しています。

生後まもなく母親から腸内細菌を受け継ぎ、次第に腸管内に腸内細菌を定着させ始めます。

食物、免疫系、環境などさまざまな影響を受けながら成長し、徐々にバランスがとれた腸内細菌叢を形成して行くことが知られています。

腸には、免疫細胞の7割が棲んでいますが、働いているのは3割程度で、残りの7割は休眠状態で待機しています。

腸内細菌叢のバランスの乱れが、自己免疫疾患、アレルギー疾患、がん、肥満症などのさまざまな疾患の発症や病態に影響を及ぼしていることが明らかになっています。

実際に臨床の現場では、腸内細菌叢のバランスを人為的に操作することで、病気の治療を行うことが試みられています。

例えば、連続的な抗生物質の投与などにより、腸内細菌叢のバランスが乱れて、腸内のクロストリジウム・ディフィシルという細菌が異常増殖すると難治性偽膜性腸炎という病気を発症することが知られています。

その治療法として、健常人からの便移植が腸内細菌叢のバランスを再構築する目的で行われ、優れた治療実績を挙げていることが報告されています。

免疫力の低下は、食生活の偏りや生活時間の乱れ、加齢、疲労、運動不足、喫煙、ストレス、過度の飲酒が挙げられています。

免疫力を高めてウイルスや細菌の感染から身を守るために、日常生活の中でできることは、日常生活の中で最も見直しやすいのが食生活です。

バランスのとれた食事を心がけることが重要です。

次に日常生活に取り入れたいのが適度な運動習慣です。

体を温めることも免疫力を高める効果が期待され、特に、腸がある腹部を温めることで免疫細胞の数を増やすことができます。

プロテサンは、良質で、基礎的・臨床なデーターが豊富で、11件の医療用途特許を取得している乳酸菌で、体内で吸収されて、免疫細胞に働きかけ、病気をつくらない体にしてくれ、主治医にしかられなく病院の治療の内容にかかわらず食べれ、病気と闘っている方の強い味方になっくれます。

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品