KYOTO 健康村 | 健康食品販売

体内バランスを整えるヒマラヤ岩塩水

2020/02/12 記事

ヒマラヤピンク岩塩水を、毎日1回飲むだけで、消化器官を刺激し、胃酸、肝臓や膵臓の消化液の分泌を促進します。

代謝機能を改善し、体内のPHバランスを調整するのにも役立ちます。

ヒマラヤピンク岩塩に含まれるミネラルは、人間の体を作るのに欠かせない必須ミネラルで、骨を丈夫にし、細胞を維持し、筋肉や腱の回復、末梢神経の機能維持に欠かせません。

また、血液の材料にもなり、循環機能を維持するためにも必要不可欠です。

さらに胃や腸に作用して栄養の吸収効率を高める効果や、細胞のエネルギー産生を促進するはたらきもあります。

このように、ヒマラヤピンク岩塩は健康な体を作るために重要な役割を果たし、体の機能を全体的に改善する効果が期待できます。

ヒマラヤピンク岩塩は、デトックス効果があります。

ヒマラヤピンク岩塩は、人間の体内のミネラルバランスとほぼ同じバランスを保っているため、水に溶かすことで皮膚や脂肪に蓄積された毒素を排出するイオン液体になります。

これに加え、ヒマラヤピンク岩塩には、心臓などの循環器の機能を高めたり、腎臓と胆嚢の健康にも寄与することから、基礎代謝を促進し、毒素の分解機能を高めるという作用もあります。

ヒマラヤピンク岩塩を含むバスソルトや入浴剤のお湯に浸かったり、溶かしたお湯などを飲むことで、体のデトックス作用を高めてくれます。

血圧を正常なバランスに整える効果があります。

一般的に塩といえば高血圧を招く原因という認識がありますが、これは大きな誤解です。

確かに一般的に市販されている食塩は、精製・漂白された結果、そのほとんどが塩化ナトリウムで構成されているため、高血圧を招く原因となります。

しかし、ヒマラヤピンク岩塩のような自然塩は、人間の体液と同じミネラルの数と最適なバランスを保っているため、体がミネラルを分解・吸収する時間がより短くなります。

つまり、高血圧を招くどころか、逆に血圧を正常なバランスに保つ効果に優れているのです。

寝付きをよくし、睡眠の質を高める効果があります。

一見まったくイメージがつきませんが、毎日の食事に十分な量の塩を摂ることで、睡眠の質を改善できることが分かっています。

1989年の調査によれば、塩分の低い食事は睡眠を阻害されやすく、不規則な睡眠を引き起こす可能性があることが分かっています。

心が晴れやかになる
ヒマラヤ岩塩は、心にも働きかけてくれる効果があり、疲れ、ストレスなどは、体の中の電解質を弱めてしまいますが、ピンクソルトは通常の塩よりも血液に溶け込みやすいため、電解質のバランスを素早く整え、脳をリラックス状態へと導いてくれるのです。

痛みをやわらげる

皮膚をキレイにしたり筋肉をリラックスさせる効果と痛みを和らげる効果もあるのです。

筋肉痛、炎症による痛みがある場合、お風呂にヒマラヤ岩塩を入れて入浴すれば、その効果を実感することができます。

お肌をすべすべにしてくれる効果もあり、一石二鳥!

PHのバランスを整える

pHバランスとは、体内の血液や体液の酸性・アルカリ性のバランスのことで、PHP 0〜14の数字で表され、PH7を中性として、それより小さい場合が酸性、大きい場合がアルカリ性です。

このPHバランスが酸性・アルカリ性どちらに寄っているかで、私たちの健康状態に大きな影響を及ぼし、逆に体が適切なせくPHバランスを保っていれば、免疫力を高め消化促進にも効果を発揮します。

ヒマラヤピンク岩塩には人体の体液のバランスを保つために必要なすべてのミネラルが含まれており、かつバランスも完璧。

ヒマラヤピンク岩塩は、人間の体のPHバランスとほぼ同じであり、PHを最適な状態に戻してくれるのです。

 

店長 ヒマラヤ岩塩の体験談

朝、コップ1杯の水にヒマラヤの岩塩を小さじ半分弱入れ、飲み始めて1週間だけの効果

✠ 尿の量が増え、行きよいよく出るようになり、残量感がなくなりました。

✠    疲れが取れやすくなりました。

✠    夜中の目覚めがなくなり、よく熟睡できるようになりました。

✠   手や肌にクリームが必要だったのが、その必要がなくなりました。

✠   加齢による各部の体の痛みが、和らいで来ています。

KYOTO健康村TOP

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品