KYOTO 健康村 | 健康食品販売

乳酸菌で高血圧を改善

2019/07/20 記事

乳酸菌の高血圧効果は

乳酸菌エンテロコッカス フェカリFK-23菌は、直接血管癖に働きかけ、血管を拡張させる働きがあります。

高血圧は血管が狭くなりますから、乳酸菌の働きによって、高血圧の予防や改善につながります。

腸内の善玉菌が減りますと、悪玉菌が優勢となり、腸内環境が悪くなります。

悪くなりますと、余分な中性脂肪やコレステロールを腸内に吸収し、それが血管に付着し、血管を狭くなり、動脈硬化へと進行して行きます。

善玉菌が優勢だと、余分な余分な中性脂肪やコレステローは、便と共に排泄されます。

乳酸菌エンテロコッカス フェカリFK-23菌摂取によって、善玉菌が増え、余分な中性脂肪やコレステローの付着することなく、高血圧の原因が解消できます。

乳酸菌エンテロコッカス フェカリFK-23菌は、血管を収縮させる酵素の働きを抑制し、血管を守り、血圧の上昇を抑制してくれます。

高血圧を抑制してくれる善玉菌を増やす為に、食物繊維をたくさん摂りましょう。

塩分の摂取量が多い欧米型の食生活は、血圧や血管性疾患の原因となると言われています。

多量の塩分は、腸内環境や免疫にも影響をあたえ、自己疫疾患に有害である悪玉菌が増え、善玉菌が減少している事か明らかにされています。

プロテサン

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品