KYOTO 健康村 | 健康食品販売

プロテサンで高血圧を予防・改善

2019/09/20 記事

高血圧でも血管が柔軟な間は230mg程度になっても耐えられるようになっていますが、他の要因が重なりますと、血管が脆くなり、切れたり詰まったりすることが簡単に起きるようになります。

クモ膜下出血は、血管の枝分彼して行く分岐点に高い圧力がかかって起きます。

血管癖をいつまでも柔らかく保てば、脳卒中や心筋梗塞になることはありません。

高齢者が降圧剤を飲用しますと、血流悪化によって脳梗塞、認知症、白内障緑内障のリスクが高くなります。

乳酸菌エンテロコッカス フェカリFK-23菌を摂取しますと直接血管癖に働きかけ、血管を拡張させ、高血圧の予防や改善につながります。

腸内の善玉菌が減りますと、悪玉菌が優勢となり、腸内環境が悪くなり、余分な中性脂肪やコレステロールを腸内に吸収されて、それが血管に付着し、血管を狭くなり、動脈硬化へと進行して行きます。

善玉菌が優勢だと、余分な余分な中性脂肪やコレステローは、便と共に排泄され、高血圧の原因が解消できます。

乳酸菌エンテロコッカス フェカリFK-23菌は、血管を収縮させる酵素の働きを抑制し、血管を守り、血圧の上昇を抑制してくれます。

高血圧を抑制してくれる善玉菌を増やすのに、食物繊維をたくさん摂ることも大切です。

塩分の摂取量が多い欧米型の食生活は、血圧や血管性疾患の原因となると言われています。

多量の塩分は、腸内環境や免疫にも影響をあたえ、自己疫疾患に有害で、悪玉菌が増え、善玉菌が減少している事か明らかにされています。


薬で無理やり血圧を下げますと、体全体の血の巡りが悪くなり、脳や目、腎臓は血流不足な敏感な臓器で、高齢者になるとダメージわ受けてしまうことがあります。

降圧剤で脳の血流が悪化しますと、脳梗塞や認知症のリスクが高まります。

降圧剤を飲用しますと、白内障や緑内障になるリスクが高まります。

薬で、脳梗塞や心筋梗塞を予防することはできません。

KYOTO健康村TOP

プロテサン

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品