KYOTO 健康村 | 健康食品販売

花粉症を免疫システムから治す乳酸菌

2021/02/20 記事

花粉症とは、花粉によって起こるアレルギー症状で、本来であれば無害である花粉を私たちの体に備わっている免疫システムが細菌などの有害物質と誤認し、攻筆することによって自分の組織が傷つき炎症を起こしてしまう病気です。

花粉症の唯一の予防は花粉と接触をしないことですが、日常生活の中では不可能です。

又、医学的な治療としては薬による抑制や免疫システムに作用する薬を何度も繰は返し注射して発症を防ぐ方法などがありますが、相当な時間がかかるうえ副作用のしんぱいもあります。

花粉症は免疫異常が原因で発症する病気で,根本から治すには免疫システムを正常に戻すことが重要です。

しかし一度狂ってしまったものを元に戻すことは非常に困難です。

「FK-23菌」は、免疫ステムを刺激し、攻撃力と寛容力のバランスを

保つ作用があり、アレルギ一体質を改善できる高い可能性を持っています。

叉、「FK-23菌」菌体の中身(LFK)にはアレルギ一に効果かあることも確認されており、抗アレルギー剤として特許も取得しています。

今春は、みなさんも「乳酸菌FK-23菌」で正常な免疫システムをつくり、正常体の体に戻しましょう。

花粉症サプリ

 

 

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品