KYOTO 健康村 | 健康食品販売

モリンガ花粉症対策

2019/03/06 記事

目のかゆみや喉の痛みを緩和するモリンガ花粉症対策

モリンガは栄養が豊富でスーパーフードと言われていますが、実は花粉症などのⅠ型アレルギーに、科学的裏付けがあり、実際にマウスにおける実験で実証されています。

モリンガは栄養食として飲むだけでなく体花粉症としても効果があり、大変付加価値があります。

モリンガには眠気の副作用は無く、自然に体をアレルギー体質から改善してくれます。

アレルギーに関して抗アレルギー薬を飲むのも良いのですが、

副作用としてアレルギー症状発症のメカニズムの最末端での効果・効能の発揮ですので、眠気がでてしまいます。

モリンガは、眠気の副作用は無く、自然に体をアレルギー体質から改善してくれます。

モリンガの場合、アレルギー反応の早い段階からのアプローチでの抑制になりますので、

副作用がでにくいといったメリットがあります。

薬のように眠気が出ないというのも大きなメリット、高栄養食であるので、

摂取して損なことは一切無く、良いこと尽くめのモリンガアレルギー対策といえます。

モリンガには、人にとって大切な栄養素が50種類以上、豊富に含まれていて、とくにビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれているのが特徴で、地球上で知られる約10万種もの可食植物の中で、最も高い栄養価を含んでいるといわれています。

モリンガは、たんぱく質を主成分(30%)に、食物繊維(26%)と、たぐいまれな程の多くの栄養素をバランスよく含むのが特徴です。

確認されている種類は、約50種以上の栄養価と、300種の薬効。46種類の抗酸化物質、36種類の抗炎症物質、19種類のアミノ酸、オメガ不飽和脂肪酸が含有されます。

とくにビタミンやミネラル、アミノ酸などがバランス良く含まれているのが魅力で、近年、エイジングケア効果が注目されている、ポリフェノールは、なんと赤ワインの8倍、他にも、アミノ酸は米酢の97倍、鉄分はプルーンの82倍、ビタミンEは卵の96倍、カルシウムは牛乳の16倍、食物繊維はレタスの28倍、葉酸はホウレン草の46倍などなど、すごいデータがあります。

モリンガの原産地のインドは、世界最古の伝統医学「アーユルヴェーダ」発祥の地で、モリンガはアーユルヴェーダ医学で有用な植物とされています。

新生児や授乳中の母親の栄養補給に利用されるほど、栄養価が高く、しかも安全性の高い食品で、がん患者さんの栄養補給にも有用です

これだけ優秀な栄養成分を豊富に含んでいる植物は本当に珍しく、その驚異的な栄養素のため、WHO(世界保健機構)でも、途上国で子供たちや母親に栄養補給のため摂取をするよう推奨されています。

奇跡呼ぶモリンガ

この記事を読んだ方に、お勧めできる商品